ザッハーク(ざっはーく/Zahak)
  1. アトルガン皇国のシンボル。本項ではこちらについて述べる。
  2. クエスト英魂と鎮魂」で出現するハイドラ族NM"Zahak"のこと。

アトルガン皇国のシンボルとしての「ザッハーク

アトルガン皇国のシンボル。両頭の蛇王。
街中に散見される蛇の紋様は「ザッハーク」がモチーフとなっている。
聖皇の叔父バシャラブ殿下の指輪「ザッハークの眼」や、アトルガン皇国全権の象徴たる「ザッハークの印」など各種の象徴とされている。
Biyaada : ……まぁ、そんな感じで
天蛇将ルガジーンさまの志に共感した我が国最強の英傑たちが皇都に集結した。
その数は、ルガジーンさまも含め奇しくも5人。
そう、我が国の象徴ザッハークの伝説に登場する蛇の使徒と同じ数だった。
だから、誰からともなく、ルガジーンさまたちはこう呼ばれるようになったのさ。
五蛇将」と……。

伝承

古代イラン・ペルシャ地方を支配した三つ首の蛇王。
ザッハークは元は、砂漠の小国の王子であったが、暗黒神アンリ・マンユ呪いにより、両肩から蛇が生えてしまう。これらの蛇は、毎日それぞれ1人の人間の脳を食べたといわれる。
アンリ・マンユの力を注がれ強大になったザッハークは、イラン国王ジャムシードを破り、一帯を永きに渡って支配するが、最後は英雄「ファーリードゥーン」によって打ち倒された。
配下に、「災厄の竜」といわれる三つ首の竜「アジ・ダハーカ」を従えるとも言われる。(アジ・ダハーカとザッハークは同じ存在とする説もある。)

関連項目

Dahak】【アーリマン
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。