カルバリン(かるばりん/Culverin)
射撃武器の一つ。
50 760 飛命-10 飛攻+18
Lv73~

ヴァナ・ディールにおける、ある意味最強(狂)だった兵器。

合成によって作成可能だが、他にも不確定アイテム???ボウ」の鑑定で入手できることがある。
2014年4月8日のバージョンアップにてエミネンスと交換で入手できるようになった。

分類上は射撃武器であり、グラフィック系統のものになっているが、他のと異なり、専用の弾である「カノンシェル」(Lv73~、90、300)とHNMドロップ品「ヘヴィシェル」(Lv75~、99、360、飛命-15 飛攻+20)しか使うことができない。カノンシェルと合わせた性能は、140、1060となる。

ただし、飛攻+18と引き換えに(?)飛命-10という大きなペナルティがついている。カルバリン+1に至っては、飛命-12と、さらに飛命ペナルティが増加している。おまけに、専用弾のカノンシェルは12個しかスタックできない。
間隔の大きさや飛命のマイナス修正、ランニングコストといった悪条件と引き換えに大ダメージを出せるというとんがりまくった性能故、シーフ狩人のおもちゃとしてはなかなか笑える。Lv75キャップ時代近接攻撃黙想TPを貯めてスラッグショットを撃ったり、当たればスタックした弾が半分無くなる乱れ撃ちを撃ったり、といった方向でヒャッホーイすることが可能だった。

その後はレベルキャップの上昇やアイテムレベル装備の登場に伴い、カンストレベルの狩人にとっては普及品の銃弾は言わずもがな、D値カルバリンカノンシェルの組み合わせを容易に超える組み合わせが当たり前となり、狩人にとって威力の面でのアドバンテージはなくなった。

シーフについては高威力の射撃武器矢弾がなかなか追加されなかったため、アイテムレベル装備追加後もしばらく最強の位置を保っていたが、2014年9月~10月にかけてシーフ装備可能なツァビチクロスボウ(IL119)や、ガッシングボルト(IL115)が追加されたことで、シーフにとっても最強とは言えなくなった。

ただし、装備レベル帯においてはそのとんがりまくった性能は今なお異彩を放っている。

指定生産品ギルドポイントは7200、上限は21600。
売却標準価格は8,082ギル

カルバリン

合成レシピ

鍛冶師範レシピスキル:100)]
木工目録レシピスキル:51)]
彫金徒弟レシピスキル:29)]
炎のクリスタル
ブラスインゴット + ダークインゴット×2 + アダマンインゴット + マホガニー材

NQカルバリン×1個
HQカルバリン+1×1個

HQ

カルバリン+1(Culverin +1)」と名称が変化する。
51 737 飛命-12 飛攻+20
Lv73~

設定

最強クラスのガンである「カルバリン」は一種のハンドグレネードのような火器で、専用の強力な砲弾を発射することができる。

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ファッション2007射撃」より抜粋

ハンドグレネードはいわゆる手榴弾のことなので、より正確にはハンドグレネードランチャー(手で撃てる擲弾発射器)のことだろう。

専用弾のカノンシェルには発火薬以外にボムのうで素材に含まれているが、カノンシェルグレネード(擲弾)に近いものだとすると、これは弾を発射するためのものではなく、弾自体を爆発させてダメージを与えているのかも知れない。

実在のカルバリン

ちなみにカルバリンとは15~17世紀に用いられた小型大砲の一種。当然本来は地上に据え付けて使用するものである。手持ちで撃つものとしては「ハンドカルバリン」と呼ばれるものが存在しており、14~15世紀の騎馬兵が使った小型火器とされている。
ハンド・キャノンやハンド・カルバリンと呼ばれたものは、銃としてはもっとも初期の物にあたる。これらの銃は引き金も発火のための機械装置も無く、角材の上に銃身を縛り付けたり、銃身の後ろに持ち手となる棒が付いただけの代物で、点火は火口に火縄や焼けた鉄棒を押しつけることによって行った。
イメージとしては宮崎駿氏の映画「もののけ姫」に登場する「石火矢*1」が近い。
手持ちの前装式小型砲がハンドカルバリンであり、それを大型化していった結果 設置式のいわゆる大砲のカルバリンになったと思われる。

「人が撃つカルバリン」と言う意味では非常に近いのだが、FFXI内に登場するカルバリンとは、威力、構造、形状とも全く違う。

FFにおけるカルバリンにイメージが近いものに、「抱え大筒」というものがある。日本では大型の大砲はほとんど発展しなかったものの、城門や櫓を破壊するための小口径の大砲は用いられていた。これらは本来射程内に運び込み俵などで固定して撃つのだが、これを手持ちのまま撃つ技術が編み出された。これが「抱え大筒」(かかえおおづつ)と呼ばれるもので、現在でも流派が受け継がれており、射撃を見ることもできる。*2大きいものでは100匁玉(約375g、口径は30mm~40mm程度)を使用するが、大きなものは当然通常の射撃のような訳にはいかず、膝撃ちで左手をサラシで縛り付けてたりして撃つのだそうだ*3

こちらは外観も極太の火縄銃で、点火も引き金と連動した火縄で行われる。FFXIカルバリンになんらかの影響を与えた可能性は考えられる*4

関連項目

カノンシェル】【ヘヴィシェル
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
石火矢も本来は大砲のことで、手で持つ武器ではない。初期の大砲が石弾を使用したことから名づけられたという説がある。
*2
動画サイトなどでも見る事が出来る。反動が大きい為射手は大きく後ろにのけぞる。その迫力はまさにイメージ通りのカルバリンそのものである。
*3
大きさや流派にもよるが立射もあるらしい。
*4
もちろん、単に強力な射撃武器として大砲の名前を冠しただけの可能性もあるが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。