カノンシェル(かのんしぇる/Cannon Shell)
矢弾の一つ。
カルバリン専用の。12個スタック可能。
90 300
Lv73~

12個スタックで携帯性が非常に悪く、常時これをぶっ放そうものなら自分のマイバッグはもちろん、他人のマイバッグの空きまで利用しないとまともに運用できない始末。

カルバリンと組み合わせると1060と、一回の発射に十数秒もかかるため非常にストレスがたまること請け合い。
TP効率は恐ろしく悪いため、これを用いる場合は近接攻撃TPを貯めるといった方法が無難である。

カルバリンとの組み合わせは装備レベル帯に限れば突出した攻撃力を持っていたが、Lv75キャップ時代が終了すると上位の銃弾遠隔武器が次々と実装されるようになり、高レベル帯ではD値も本職たる狩人コルセアが用いる主力武器に劣るようになる。

売却標準価格は100ギル

合成レシピ

錬金術師範レシピスキル:94)]
鍛冶下級職人レシピスキル:34)]
彫金見習レシピスキル:18)]
炎のクリスタル
アイアンインゴット + ブラスインゴット + ボムのうで + 発火薬×2

NQカノンシェル×6個
HQ1:カノンシェル×8個
HQ2:カノンシェル×10個
HQ3:カノンシェル×12個

材料だけ見ると意外と安価に見えそうだが、完成個数が6個なため単発あたりの価格は他の矢弾の追従を許さないほど高価であり、何より師範級という本職の錬金術スキルが必要なため、自作のハードルは想像以上に高い。
もし自作が可能ならば、昔懐かしの『素材を持ち込んでマイバッグの空きを確保し、現地で矢弾を作成する』という芸当が可能となり、普通に持ち込むよりも多少は運用しやすくなる*1

一方、師範クラスの錬金術スキル上げレシピとして見た場合、素材を見れば調達難度/コストともにスキルに比してかなりお手頃であり、素材・完成品ともに一応スタック可能で、複合スキルゆえの割れやすさも素材単価が安いことからさほど痛くないなど、総合的なスキル上げの利便性という点では、上限値の近い蝮刀ル・パピヨンイカロスウィングといったレシピとさほど遜色ないコストパフォーマンスを有している。

関連項目

射撃】【カルバリン】【】【ブレット】【ヘヴィシェル
*1
アイアンインゴット1D ブラスインゴット1D ボムのうで1D 発火薬2D】で5スロットロストなしNQで72発、炎のクリスタルが持ち込みではなく現地調達できるのであれば、実質6スロット必要とする所を1スロット節約が可能となる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。