鑑定(かんてい/Appraise)
不確定アイテムを本来の姿に戻す作業。
アトルガン白門アルザビナシュモの3箇所に設置されている鑑定屋不確定アイテムトレードすることで行うことができる。

手数料を取られるが、料金はアイテムトレードした際に自動的に徴収される。
その際所持金手数料未満の場合は鑑定できず、不確定アイテムを突きかえされる。

不確定アイテムを入手した人がほぼ例外なくお世話になる行動である。

なお、鑑定されたアイテムPTを組んでいる時は戦利品欄に送られる。
鑑定に出す人だけが鑑定料の出費をすることになるため、(特に野良PTでは)誰が出品するのかあらかじめ決めておいた方がトラブルが少なくすむ。
また、これを応用してPTメンバーの誰もが不要なアイテムを他の人に譲ることが可能。アサルトで得られる装備品アシュタリフ号船長暗殺指令で得られるバルバロッサムフルなどがよくこの方法で譲られる事がある。

過去、???ボックスの場合はほぼ例外なく赤字となるため、鑑定せずに処分されることが多かったため、これを逆手に取った詐欺も存在していた。作戦終了時に得られる不確定アイテムは、他のメンバーは一定の範囲内にいないと何が出たかはわからない。そのため???ボックスをあらかじめ用意しておき、近くにメンバーがいないことを確認して箱を開けて、目当てのアイテムの場合ダミーを鑑定に出してあとでこっそり本命を鑑定しに行くというものである。
そのため、たとえ不確定アイテムがゴミであろうときちんとその都度鑑定を行って処分させることが望ましいとされた。

現在では???ボックスの中身に修正が入り、そこそこの収入が期待できるものが多くなったため鑑定されずに処分されることは少なくなりつつあるようだ。

関連項目

不確定アイテム】【鑑定屋
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。