Ildebrann(いるでぶらん)
イフリートの釜に出現するウィルム族NM
ヴォイドウォーカーの一体。

Ildebrann

出現条件

六芒星の灰白色のジェイドヴォイドストーンを所持したPCが以下の場所にあるPlanar Rift調べると出現する。
  1. Lindwurmの出現するマップ[5](F-9)*1
  2. Vouivreの出現するマップ[3]の段差上(I-6)(Vouivreが出現する広場)
  3. Vouivreの出現するマップ[3]の段差下(F-9)(Foreseer Oramixが出現する広場)

行き方の詳細については後述する。

特徴

Tiamatと同タイプの赤いウィルムで、使用技もTiamatに準ずる。
また、アブソルートテラー範囲攻撃になっている他ベイルフルロア(範囲ディスペル(全)+ヘイトリセット)を使用する。

お供としてドラゴン族のHraun Dragonが2体同時に出現する。
お供が残っている間は常に飛翔状態になり、近接攻撃が一切届かない。また飛翔中は常時バーン攻撃力ダウン効果のスフィアが展開されている。
お供が全て倒されるとタッチダウンを使って着地し、近接攻撃が届くようになる。

飛行時ではインフェルノブラストテバッドウィングしか使用しないが例によって近接攻撃が届かないため削りにくく、地上時ではアブソルートテラーテラーベイルフルロアによるヘイトリセットのお陰で非常に戦いづらい。
スパイクフレイルも健在であり、特にベイルフルロアタゲがふらついた際には後ろからタゲを取らないよう気をつけなくてはならない。

HPは多めだが防御力は低めであり、攻撃が若干緩い飛翔状態を維持しつつ弱点をある程度突いてアラインメントを上げ、遠隔魔法契約の履行などでHP削り、押し切れるHPまで下がったら着地させて絶対防御連続魔スタンを併用して押し切る戦法がとられている。
あるいは、お供を維持し続け飛翔状態のまま削り切るといった戦法も存在する。

前者の場合は短時間の間に一気に削り切れるだけの火力が要求される。絶対防御中であってもアブソルートテラーは防ぐことは出来ないことに注意が必要。メインルートを終盤まで進めているなら、抗テラー薬を使って押し切るという手もある。

後者の場合は制限時間の間に削り切れるだけの火力が要求される。など飛翔状態でも削れるジョブが多めに必要となる。

戦利品

グラムグラスブローベルト銀鏡

ホワイトフェイズアラインメントの値によっては適応の明色ジェイドが手に入る。

行き方について

テレポ・サービスウォンテッドエリアへ移動」が使えるなら、イフリートの釜(CL125)を利用するのが最もアクセスが良い。飛んで目の前にある広場に出てすぐ右手にある。

以下は以前使われていたルートである。

ルート1

比較的近いのはLindwurm広場の[5](F-9)。ヨアトル大森林(G-6)からイフリートの釜に入り、[4](H-8)→[7](C-12)→[5](F-9)とマップを移動する。このルートではFlame Spoutを通らずにすむが、クルオワープで出現する入口は西側(G-6)ではなく、東側(I-6)のため、マップ[4]に移動するのがやや手間となる。

マップ[4]の中央の洞窟に誘導できれば「あとは左手沿いで」の一文で済むが、クルオワープに近い東側の入口からマップ[4]に行くには、中に入ってから左手沿いにずっと進む必要があり、マップ[4]に到着した時点でパーティが分断されがちになる。

1度マップ[4]の安全地帯(ヨアトル大森林西側の入り口から入ったところ)で再集合し、そこから改めて誘導するとはぐれにくいだろう。テレポヨト→西側の入り口でも良いのだが、迷子スキルの高いプレイヤーはこの時点ではぐれてしまうことに注意。

ルート2,3

ポイント2とポイント3の間は途中段差があるため、2→3はすぐにいけるが3→2は大回りする必要がある。2に行く場合、ヨアトル大森林(I-6)から入り、[1](F-6)→[2](I-8)から下に落ちる→[7](J-8)→[6](G-4)とマップを移動する。

こちらはFlame Spoutを1箇所通るので氷の塊は持っていきたい。この際、モタモタして壁を越えられないプレイヤーが出ることがあるので、塊は2つはあると良い。

ここは段差を落ちた後のルート分岐で迷子が出やすい。もっとも、炎の壁を越えたらまっすぐ進み、洞窟に入った後はとにかく左手沿いに進めば段差にはたどりつくし、段差を落ちた後はどちらのルートを通ってもマップ[3]に行き着くので、迷子が出た時のリカバーがしやすいというメリットはある。

出典

Ildebrannはノルウェー語で「火災」の意味。
Hraunは古ノルド語で「溶岩」を意味する。

関連項目

ヴォイドウォッチ】【ヴォイドウォーカー】【Tiamat
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
古代石碑巡礼で通るコースの途中。Flame Spoutの手前。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。