Titlacauan(てぃとらかわん)
アビセア-アットワに出現するコース族クマカトック)のノートリアスモンスター
2010年9月9日のバージョンアップで追加された。

Titlacauan

出現条件

アビセア-アットワ(F-7)にある???だいじなもの黒ずんだドゥームの舌」「ひび割れたスケルトンの鎖骨」「錆びついた屍犬の首輪」「震えるゴーストの中指」を所持した人が調べると出現する。
だいじなものノートリアスモンスターが出現した瞬間に消失する。

3Titlacauan
2黒ずんだドゥームの舌ひび割れたスケルトンの鎖骨震えるゴーストの中指錆びついた屍犬の首輪
GaizkinKharonDrekavacGieremund
1不死の油砕けた骨くず怨嗟の衣-
Decayed Flesh
(ドゥーム族雑魚)
Schnitter
(スケルトン族雑魚)
Spuk
(ゴースト族雑魚)
-

特徴

コース族特殊技に加え、ハデスサモンズという固有技を使用する。紫の法衣に兜、巨大な体躯という独自のグラフィックを持つ。

技名称範囲効果空蝉備考
ハデスサモンズ範囲(前方?)ダメージ+バーン貫通終盤多用
ダンスマカブル単体魅了貫通
メメントモーリ敵自身魔法攻撃力アップ-直後に精霊詠唱
エンバウトメント単体ダメージ+呪い
サイレンスシール自身中心範囲静寂貫通

ハデスサモンズダメージは700~2000程度。
メメントモーリ使用後に続けてドレイン精霊ガIV系orデスサイレンスシール使用後に続けてダンスマカブルorエンバウトメントをそれぞれ使用する(むろん、それらの技は単体で使用されることもある)。
ダンスマカブルは通常のコース族のそれより発動が早くスタンで止めるのは難しいだろう。
忍盾の場合はもう止める事は考えずに速やかにスリプガスタンバイした方が無難。
サイレンスシールの範囲が通常より広いため、後衛立ち位置に注意。
他には、バインガディスペガコメットなどを使用する。
メメントモーリ直後でなくてもガIV系は使用する。

防御力はそれほど高くはなく、物理攻撃(特に格打)や魔法は有効。ただし、頻繁に静寂魅了の技を使用するので、ペットジョブの方が安全に狩る事が可能である。
獣使いであればソロでの討伐も比較的容易に可能だが、それなりの量のペットフード等の物資が必要となるので懐次第。

エレジーパライズスロウスタンアドルフィナーレなどは有効。

戦利品

バーバルスブージバータスクロスボウ木行の宝石(100%+黄弱点)、木行の原石トレハン)、火行の絵札トレハン)、火行の宝石(黄弱点
不死のアートマを入手できることがある。
また、称号「ティトラカワン ディスメンベラー」(Titlacauan Dismemberer:ティトラカワンを分割する者)を得られる。

出典

アステカ神話における古い軍神。
夜の神の一面も持ち、破壊をもたらす邪悪な闇の怪物に力を与えるといわれ、呪術師の崇拝神でもある。
罪を罰し、復讐を行う力を持ち、善と悪、創造と破壊という神格を持つ。
原初の太陽でもあったが、ケツァルコアトルによって空から追い落とされ、姿を虎に変えられてしまった。
そのためケツァルコアトルに対して深い怨みを抱いており、彼に対して復讐を謀る。

ケツァルコアトル同様、様々な神格と別称を持つ。

関連項目

アートマ】【五行素材
Gaizkin】【Kharon】【Drekavac】【Gieremund
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。