Kutharei(くたれい)
アビセア-ミザレオに出現するカトゥラエ族NM
2010年9月9日のバージョンアップで追加された。

Kutharei

出現条件

月齢満月*1では倒されて15分ほどで再ポップする可能性がある。そうでないときはヴァナ時間9:00にPOPする。
POP後、5分ほどで自然消滅した例も確認されており、戦う場合は迅速に釣ることが望ましい。
天華崎(G-10)にポップし、I-11の門を調べることで戦闘エリアに移動できるが、奥にある石碑~門入り口までを往復しており、内部に入った直後に戦闘になる危険性がある。
第7幽門石付近からの広域スキャンにかかるため、それを目安に準備してから突入するとよい。門入口付近からではスキャンが届かないため注意。

特徴

カトゥラエ族の固有技やファイア精霊魔法(ファイアV、ファイガIV)、エアロ精霊魔法(エアロV、エアロガIV)、範囲化されたアドルグラビガサイレガディスペガ等の範囲弱体魔法を使用する。

範囲技が非常に凶悪で1500オーバーのダメージを撒き散らし、終盤では連打されて一気に崩れる危険性がある。
また、戦闘するメンバーは前衛のみならず、後衛バスティオン審理官から抵抗軍戦績150と交換できる侠者の薬を用意すると良い。
可能であれば、終盤は召喚で削る方が安全度は増す。
ただし、Kutharei自身の回避と各種耐性が高いので、召喚魔法スキルブーストはできる限りしておきたい。
魔法耐性は極めて高く、精霊で削るのは相当に難しい。
技名称範囲効果空蝉備考
アフリクトゲイズ自身中心範囲ダメージ貫通
敵自身悪疫スフィア(スリップ30)
バインドスフィア
-
ディアボリククロー近接単体物理ダメージ(3回)
魔法防御力ダウン
3枚
インタフィアランス自身中心範囲ダメージディスペル貫通
マラインインボケション自身中心範囲魔法ダメージ
アムネジア
貫通
ステュクススフィア敵自身HP回復状態異常回復-参考:回復量2000弱
バナレットチャージ自身中心広範囲HP=1 
ディスペル+ヘイトリセット
貫通2割前後から通常使用
範囲が非常に広い

神聖魔法、水系の精霊魔法が通りやすい。またスロウパライズアドルなどは入るため積極的に入れていきたい。

物理カット50%、魔法カット25%程度も有していると思われる(戦士アビリティトマホークが有効)。
また通常攻撃DAなども少ないので蝉さえ張っていればTP技以外で死ぬことは滅多にない。(前衛で300~450)

前衛が多い構成の場合は、与TPの問題からTP技による瀕死状態異常に陥りやすい。
周囲に雑魚敵がおらずTPを気軽に貯めることもできないので、青魔法精霊ペットジョブ多目の構成が楽。

盾が一人だけの編成ならば、終盤のバナレットチャージで死ぬことは無いため追撃が入る前に回復することで維持することができるが、回復役が他の範囲技に巻き込まれると即死する可能性が非常に高いため、TP技の範囲を常に把握し、ヘイトリセット後は速やかにタゲを取り返す必要がある。

戦利品

無常のアートマ レイダーブーメラン(100%)、ナバーチマント(100%)、ローレルリースを得られる。
また、称号「クタレイ アンホーサー」(Kutharei Unhorser=「クタレイを失脚させたもの」)を得られる。

由来

チェスや将棋の起源といわれるインドのボードゲーム「チャトランガ」(Chaturanga、サンスクリット語ではcaturanga)の駒の1つ*2。「馬」を意味し、将棋の桂馬やチェスのナイトと同様の動きをする。

称号のアンホーサー(失脚させるもの、馬から落としたもの)もこの由来に引っ掛けたものになっている。

関連項目

アビセア-ミザレオ】【カトゥラエ
*1
以前は満月とその前後の十三夜十六夜も対象だったが、現在は満月のみ。
*2
→Chaturanga(Wikipedia英語版)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。