Zeid/ネタバレ(ざいど)
Zeid
クリスタル戦争時に闇の王を討ち滅ぼした張本人であるが、ヒューム側の都合で公式にはその事実は伏せられている。
ヒュームガルカの確執、そして歴史の暗部に潜む不穏な動きの狭間で世界の危機と対峙して行く。

ただ、その経歴に比して各ミッションのストーリーが進むにつれ非力な場面を見せる事が多く匿名掲示板等では「ヤムチャ」などと揶揄される事もある。

当初、孤高でハードボイルド的なキャラクターであったのだが、いつのまにかプレイヤーが扉を開ける為に必死になって集めたアイテムを「待っていたぞ」「さあ行こう」「なるほど、な……。そういう仕掛けになっていたのか。」とか何とかいいながら便乗する辺り、他人を利用するのが上手い男になっていたりする。

また前述の通り、登場する敵キャラクターNPCである彼が倒してしまう訳にはいかない事情から敵側のNPCに対しては滅法弱い印象を受ける。
しかし、その真の実力はバストゥーク最終ミッション双刃の邂逅」で見ることが出来る。
普段のミッション・シーンとは異なり、アブゾ系の威力は通常のPCが使うのとは比べ物にならないほど明晰な効果を発揮し、ナイト以上の驚異的な防御力シーフ並の回避力を誇り、両手剣の間隔も滅法早い上、分身技で一人連携してくる反則的な強さで「こいつは本当に暗黒騎士か?」と更に疑惑のタネを増やしている。

ちなみにその高い防御力を持つ彼の鎧は名匠ゲーヴィッツの手に依る物。ハーネス系にしか見えないが彼の防御力から察するにかなりの逸品に違いない。
兜は額の傷を隠すためでもある。ちなみにフェイスタイプF1A(額部分と細部は異なる)。

なお、バストゥーククエストミッションにおいて、彼からの手紙がきっかけになっている事が多々ある。
宛先は大統領からガルカの少年までと幅広く、なかなかの健筆家であるようだ。あの体格でマメに手紙を書いて寄越す、彼の姿を想像すれば、なにやら微笑ましくもある。
タフで硬派なイメージが強い彼だが、このように細やかな心遣いのできる男でもあるようだ。
過去世界クエストでは忠誠と背反の間で苦悩する姿も描かれており、一人の人として描かれた姿に驚きもし、また親しみを感じるかもしれない。本当の彼は優しく、義理固く、それゆえに危険に身を置く自分から遠ざけようとさえしている。現代の無愛想な姿は彼の一面に過ぎない。


星唄ミッション後のエンディングロールではミスリル銃士隊の前に姿を見せる場面がある。

Zeidの忌まわしき過去『黒鉄の旋風

暗黒剣の求道者であった彼は、クリスタル大戦前夜の天晶暦857年、ガルカのみで構成された第13部隊へと配属される。当時の名はWar Cloud。しかしその初陣で奇襲にあい、ヒュームの司令部から部隊ごと見捨てられた第13部隊は全滅。唯一生き残った彼はヒュームへの復讐を誓う。『黒鉄の旋風』としてヒュームの要人達を暗殺していた彼はいつしか疲れ果て、その心をMarquis Amonにつけ込まれ闇の勢力へと引きずり込まれそうになる。

DarksteelHurricane.jpg

しかし、間一髪の所をKlaraに助けられ、その後は保護観察*1の一環としてミスリル銃士隊*2に参加する。この一連の事で彼はKlaraに深い恩義を感じており国よりも彼女に忠義を誓う。後にFive Moonsガルカ族を率いて反乱を起こした際も自身は銃士隊として鎮圧に望むなど、その深さが伺える。

だが、Klaraは彼を助けた際にMarquis Amonの術の影響を受けており、このせいで共和国軍を裏切る事になる。Zeidも彼女の導きの元、共和国を離れるが、それは本来のKlaraを助けるためだった。

最終的にはミスリル銃士隊冒険者と共にズヴァール城へと乗り込みKlara救出を目論む事になるが、ここであえて敵の誘いに乗り、味方になる振りをする事で奇襲を狙う。その際に闇の王から力を授けられ、完全な闇の軍勢になるはずだったがこれを押さえ込み奇襲に成功、冒険者と共にKlara救出している。その後、療養のために前線を離れたKlaraに代わり、隊長代理としてクリスタル大戦の最終決戦へと望む事になる。

ちなみに彼はKlaraを助ける際に現代でも使う分身技を使っており、これが無影大王討伐におけるスポーンシャドウと酷似している。この事から闇の王が彼に授けた力は自身と同様の力であり、Zeidはそれを使っていると考えられる。過去世界闇の王の力量を見れば尋常のものではなく、おそらくはこの力を利用してこそ可能な偉業だったと思われる。

関連項目

Raogrimm】【Volker】【便乗ブラザーズ】【双刃の邂逅/ネタバレ】【黒鉄の旋風/ネタバレ
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
仮にも要人の連続殺人犯であるため、通常は死刑である。
*2
結果的に、この時代のミスリル銃士隊Klara大統領暗殺未遂、脱獄幇助)、Zeid(連続殺人犯、部隊脱走、脱獄)、Five Moons(クーデター実行犯)と事情はどうあれ半数までが重犯罪者となってしまう。連続クエスト中にも少し触れられるが、彼らをかばい続けた大統領Prienの政治生命はこのために縮まった可能性もある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。