Raogrimm(らおぐりむ)
NPCの1人、種族ガルカ。故人。
ラオグリム

転生後も前世の記憶を持つ語り部であり、過去のミスリル銃士隊隊長であり、部隊一の剣士だった。ガルカという種族の先導者的な存在で誰からも尊敬を集める極めて優れた人物。聡明かつ理性的な人柄であり、獣人人間との紛争に関しても疑問を抱いていた。

30年前、三国合同で行われた北の地の調査に赴き、調査中にモンスターに襲われ、コーネリアと共に地表の裂け目に転落、消息を絶つ。その後、残りの調査隊メンバーで探索するも発見できず、記録上は「死亡」と扱われているが、記録の裏に眠る真実は三国ミッションを進めることで徐々に解き明かされて行く。
「人は、優しい、暖かい光をたたえる一方で、
 闇夜よりも濃く、深い暗黒を抱えていることもある……。」

関連項目

Raogrimm/ネタバレ】【魔晶石を奪え】【三か国合同調査隊】【Cornelia】【Ulrich】【Francmage】【Iru-Kuiru】【Yow Rabntah
Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。