Iron Eater(あいあんいーたー)
  1. NPCの一人。現ミスリル銃士隊のNo.3にして副隊長。種族ガルカ
  2. フェイスの一つ。

1.項 登場人物

アイアンイーター
名前が「鉄を食らう者」という凄い意味だが、これはあくまでヒュームがつけた通り名であり、彼も本名はパグダコなのだが、本人自身はどちらの呼び名であろうと意に介していない様子。実際に彼が好きな食べ物は鉄ではなくガルカンソーセージである。

ジョブ戦士で、ラオグリムに憧れ、かつてウェライに師事し剣術を習っていた。過去のバストゥークでは子ガルカIron EaterPagdakoと名乗っているが)に会うことができる。

天晶暦869年(15年前)のパルブロの復讐の時点では鋼鉄銃士隊員になっている。20年前の時点で子ガルカだったIron Eaterが、5年の間にエリート部隊である鋼鉄銃士隊に入っているのだから、よほど優れた使い手だったことがうかがえる。

10年前にはウェライ両手斧という新たな道を示され、以後は両手斧を使うようになった。この経緯については両手斧EVWSクエストその重さとの闘い」で触れられている。

その後、ミスリル銃士隊に自らを売り込みに行き、ミスリル銃士隊の一員になる。職務には忠実で生真面目な典型的職業軍人だが、人や物事の本質を見つめることが出来、何をなすべきかを見極めて動ける人物である。バストゥーク社会において、ヒュームガルカの板挟みになり、悩んでいるようだ。またナジミスリル銃士隊へと入ったのは彼が若干絡んでいるらしい。
Iron Eater : いずれにせよ、バストゥーク
 君が貢献してくれていることには
 違いないと信じるよ。

2.項 フェイス

以下の条件を満たした上で、大工房(J-8)の"Iron Eater"に話しかけると習得できる。

なお、ミッションの進行状況によってはNPCが不在になる等の理由により、フェイスが習得できない場合がある。この場合は、ミッションを進行させることで習得が可能になる。

特徴

ジョブ戦士
戦闘タイプ近接物理
武器両手斧
WSシールドブレイクアーマーブレイクスチールサイクロン
アビリティバーサクリストレント挑発
その他ダブルアタック持ち

ミスリル銃士隊では3人目となる戦士タイプであるが、バーサクリストレントを使用してアタッカーに徹することで他の2人とは差別化がなされている。但し削り一辺倒というわけでもなく、PCHPが50%を下回ると挑発も使用してくれるようになる模様。

近接タイプでは唯一バーサクを使用可能ということもあり、一撃の重さは全フェイスでもトップクラス。また余計な範囲技も持たないため、安定感のあるアタッカーとして活躍してくれる。

調整・変更

フェイス契約時の台詞追加

特殊台詞

関連項目

ミスリル銃士隊】【Raogrimm】【Werei】【その重さとの闘い】【スチールサイクロン】【フェイス
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。