恵比寿釣竿(えびすつりざお/Ebisu Fishing Rod)
釣り竿の一つ。→2005年04月21日のバージョンアップ実装された。
Rare Ex
東方の神話に登場する竿に似た伝説の釣り竿

公式サイトでも「釣り人にとってのレリックミシックともいえる」と言及される存在。2011年9月20日のバージョンアップからは赤い釣り竿という独自のグラフィックとなり、一目でこの釣り竿を使っていることが分かるようになった。

ラバオIrmilantイルミラン)からクエスト折れぬ魂」を受け、これをクリアすることで入手できる。
また、8周年記念モグボナンザからは1等の賞品としても入手可能となっている。

解析に折れた恵比寿釣竿のデータが無いことから、竿折れしないことが判明している。ただ糸切れはあるようだ。

従来は折れない太公望と言われてしまう程度の能力しか持たなかったが、アルタナの神兵発売前後のバージョンアップによって性能が強化され、かつては糸切れがおきるといわれていたレベルの魚でも、その確率が大幅に減少もしくは糸切れしなくなった。

通常ならばスリップが発生しない一部の魚にも、恵比寿を使うとスリップが発生するケースがある。隠し性能釣りスキルアップが付いているとも、対戦する魚の種類ごとに細かくボーナス設定をつけているともいわれる。後者を類推させる要因として、例えばピラルク恵比寿釣竿より太公望の釣竿のほうが体力を削りやすく、堀ブナ太公望の釣竿よりヤナギの釣竿のほうが体力を削りやすい。

疲れの減少効果は210匹程度まで釣れたという報告があることから約5%ではないかと言われている。ただし、これは2009年7月21日のバージョンアップ以前の報告であり、変更されている可能性が高いのであくまで参考程度に考えた方が良いだろう。

また、検証には莫大な時間を要するため、仮に検証したとしても報告には誤差が多分に含まれる可能性がある。というのもアクション釣りでは1castに1分程度の時間を要するので、単純計算で200castすなわち200分の時間が必要となるからだ。一定量のデータが出てくるほど恵比寿持ちが多いわけでもなく、持っていても検証に必要な時間が多大である為、正確なデータを得るにはまだ時間がかかりそうである。

2009年7月21日のバージョンアップでさらに性能が上方修正された。この変更の詳細を含め、この釣竿には未検証の部分が多いが、今後釣り人たちによって徐々に解明されていくことを期待したい。

2012年7月4日に公開された第11回ヴァナ・ディール国勢調査には、全サーバーで2,548個存在している事が記載されている。

性能

以下は主に2009年7月21日のバージョンアップ以降の太公望の釣竿との比較。
疲れの減少効果については膨大な検証が必要なため、目に見えて変わる部分だけ記載。


一見すると、格闘時間減少で弱体されたようにも感じるが、格闘性能が飛躍的に強化されており、ヒットから釣り上げるまでの時間が大幅に短縮されている。

出典

恵比寿は言わずとしれた七福神の一柱であり、大きな鯛と釣竿を持つ姿に現されることから釣竿の名に着けられたと思われる。意外にも七福神中唯一の日本出身である(ちなみに恵比寿とセットにされることが多い大黒様は、大国主命が混じって今の姿になったが、元々はインドのシヴァ神)が、実はその由来はあまりはっきりしていない。
恵比寿神社の総本社、西宮神社の社伝では、不具であるため流されたヒルコの神が西宮の浜に流れ着き、土地の者が恵比寿三郎として、漁業、海運の神として祀ったのが由来ということになっているが、神社によっては事代主を恵比寿としているなど異説も多い。
恵比寿は夷(異国人や外界の人の意味)であり、古来から来訪者が外界から富をもたらすという思想が流れ着いたヒルコと結びついているとも考えられる。特に漁村では鯨が魚群と共に現れたり、浜に打ち上げられた鯨により大きく潤うことなどから、来訪神の信仰が根強い。所によっては、水死体が打ち上げられると、漁師が「寄り神様」「恵比寿様」と呼び、豊漁を呼び込む神として祀ったりすることもあったという。

関連項目

折れぬ魂】【ハラキリ】【ググリューサウルス】【リク】【勇魚】【真恵比寿釣竿
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。