ノルバレン騎士団(のるばれんきしだん/Norvallen Knights)
ノルバレン地方の在郷騎士によって編成されたと思われる辺境騎士団三月王国事件東王派が拠点にした例もあり、ノルバレンは有力諸侯が多い土地なのかもしれない。
伝統的にノルバレンオーク帝国の侵略の表玄関にあたる土地であり、その矢面に立つノルバレン騎士団は精強として知られていた。しかし水晶大戦の幕開けとなるジャグナーの戦いにて大敗を喫し、その事実はサンドリア王国に大きな衝撃を与えることとなった。

水晶大戦時の団長はノルバレン侯フェルドロット(Feldrautte I Rouhent)。

カンパニエバトルにおけるノルバレン騎士団

サンドリア王国軍の一部隊として、サンドリア方面全域に出撃する。

団長はFeldrautte I Rouhent、配下はNorvallen Knight(ナイト)。

関連項目

カンパニエバトル】【サンドリア王国軍】【ジャグナーの戦い
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。