赤鹿騎士隊(せきかきしたい/Knights of the Cardinal Stag)
サンドリア王国軍王立騎士団に所属する騎士隊。
カンパニエバトルには参戦せず、サンドリアに関係するクエストに登場する。特に過去エリアにおける連続クエストにおいて冒険者と深い関わりを持つこととなる。

水晶大戦時の隊長はAlphonimile M Aurchiat*1
腹心にJayramusがいる。
過去サンドリアクエストが進むと、エグセニミルもこの騎士隊に所属する事になる。

クリスタル大戦中、サンドリアの名門オルシャー家の当主に率いられたサンドリア王立騎士団の中でも最強クラス*2と名高い騎士隊。王国大騎士にして伯爵であるアルフォニミルの指揮の下、ジャグナー森林パシュハウ沼タブナジア侯国ザルカバードと全国の激戦地を駆け抜けた。ザルカバードでの最終決戦の折にアルフォニミルが無念の戦死を遂げると、アルフォニミルの遺志により腹心のジェラムスが一時的に指揮権を譲渡される。しかし、後に彼はオルシャー家の新たな当主となったエグセニミルを認め、その権利を譲っている。

また赤鹿騎士隊(赤鹿隊)は現代まで存在する隊として名前が確認されている。
現代の隊長はギシャンマージュ、第二次コンシュタット会戦の時代の隊長はプリュシェロー。かの勇者ヴィジャルタール・カフュー(Vijartal Caphieux)もこの隊の所属であり、名門貴族出身である彼にして「誉れ高き」と呼称するほど伝統と格式ある騎士隊であるようだ。

水晶大戦時の構成員
NPC説明
Alphonimile M Aurchiat(アルフォニミル)赤鹿隊長にしてバタリア騎士団長
Excenmille Aurchiat(エグセニミル)アルフォニミルの嫡子
Jayramus(ジェラムス)アルフォニミル腹心の部下
Laoudrant
Leuonard(リュオナール)
Vinairy(ヴィネリー)
Oliverain


戦後の赤鹿騎士隊の正確な様子は不明だが、エグセニミルラゾア大陸に渡りオーク帝国に対し二十年に渡るゲリラ戦を行っており、騎士隊の一部は彼に付き従ったのではないかと思われる。

関連項目

サンドリア王国軍】【アルタナクエスト】【王立騎士団
*1
辺境騎士団であるバタリア騎士団の団長を兼務しているようだ。
*2
…とZogbogが語るシーンがある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。