V.フラリッシュ(ぶいふらりっしゅ/う゛ぁいおれんとふらりっしゅ/Violent Flourish)
踊り子ジョブアビリティの一つ。フラリッシュIに属する。踊り子Lv45で習得する。
標的をスタンさせる。レジストされやすい。フィニシングムーブが1つ必要。

再使用時間20秒。命中した場合、近接攻撃一発分程度のダメージが発生する。
スタン追加効果付の通常攻撃」のような扱いのため、TPも貯まれば武器スキルの上昇判定もある。また、攻撃属性メインウェポンのものに準ずる。追加効果扱いのため、スタンしなかった場合に「レジスト」 というログは表示されない。

V.フラリッシュ武器命中率と同じ計算式を用いており、追加効果スタンについてはPC魔法命中の値次第となる*1

素の状態では追加効果スタン魔法命中があまり高くなく、格上スタン耐性(雷耐性を含む)の高い相手だとフラリッシュ自体が命中してもフルレジストされてしまい、スタン効果が発動しない事がある。これは「V.フラリッシュ効果アップ」を持つエトワールカザク魔法命中率+の付いた装備にすればスタン効果の命中率を上げることができる。また、レジスト率を低減させることができるスタッターステップでもある程度補う事ができ、これらを組み合わせる事で格上相手でも十分な確率でスタンを期待できるようになる。雷杖を持てばスタンレジスト率は低下させられると思われるが、フラリッシュ自体の命中は、スキルの上昇判定がある事からも察せられるように武器スキル依存のため、両手棍スキルの無い踊り子両手棍で、というのは賢い選択とは言えない。

最大の目的であるスタンの発動には、物理的な命中、相手のレジストの突破という二重の条件をクリアしなければならないため、確実性は魔法スタンに劣る。しかし物理命中率レジスト率ステップで補うことができ、20秒というスタンスキルの中では短い再使用時間に加え、効果も即時発動といった利点もある。必要FMがたった1つである点も使いやすい。また、スタッターステップの存在により他にメインスタンジョブがいる場合でも保険以上のアドバンテージが得られる点は大きい。

サポートジョブ忍者にし、空蝉の術で身を守る事が多い踊り子ではかなり重宝する。というのも使用後に硬直のある魔法ではなくアビリティのため、V.フラリッシュ発動→即空蝉の術:壱、とモーションキャンセルを利用する事で、(スタンが入れば)安定した空蝉の張り直しが可能になるからである。

名称は「暴力的なフラリッシュ」の意味。どうやら力づくで相手の動きを止めているらしい。

関連項目

フラリッシュ】【A.フラリッシュ】【D.フラリッシュ】【エトワールカザク
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。