潜在MP(せんざいえむぴー)
03/07/15パッチにて危うく実装「されそうになった」サポ白強化パッチ案のこと。前衛にまで「驚きの白さ」を提供するのかということで、別名、「洗剤MP」とおちょくられた。

登場の経緯

開発情報】の「回復問題に対して」なるトピックにおいて、スクウェア・エニックスの開発陣は以下のような修正案を提示した。
  1. パーティを組むのに時間が掛かるのは後衛ヒーラー)が不足しているから*1
  2. なら前衛が多くてもパーティを組めるようにしよう。
  3. そういう訳なので前衛サポ白強化する。

つまり本来MPを持っていないジョブに潜在的にMPが備わり、サポでMPがあるジョブをつけることにより、サポジョブ分のMP以上のMPを行使することができるようになる訳である。

これを受けて、一部の前衛メインとするプレーヤーケアルするために前衛やってるわけじゃないと主張し、また一部の白魔道士メインとするプレイヤーの怒りが爆発し、*2当該トピックには抗議・罵倒の書き込みが殺到した。開発陣も「私達もこの案件のみで「回復役問題」を解決しようと思っているわけではありません。」と応じていたものの、「此処は議論する場ではない」といった【開発情報】の存在自体を否定するような発言まで飛び出し、多くのプレイヤーを憤慨、落胆させた。ただ罵倒は論外として的外れな抗議をしていた人が居たのも事実である。

潜在MPの問題点

潜在MPという発想には幾つかの大きな問題があった。

  • そもそもパーティを組む行為そのものの利便性をあげる方策を優先すべきと思われたこと。(実際、その後この方向での修正が色々と行われた。)
  • 「なぜ後衛が足りないのか?」「後衛ジョブはやりがいのあるものとなっているか?」を踏まえた上での議論ではなかったこと。
  • ヴァナ・ディールではジョブの数が「前衛後衛」であり、かつプレイヤー前衛が多いという状況にも関わらず、さらに前衛強化する(具体的にはソロプレイでの使い勝手の向上)ような修正を意味すること。

潜在MPの提案に対して出てきた指摘は理屈の上でもっともな批判ばかりであり、こうした指摘を受け入れる形でスクウェア・エニックスは本アイデアの導入を撤回した。

潜在MPは存在する?

結局、前衛サポ白にすれば後衛がいなくてもパーティプレイができるような方向での修正は行われなかったが、現在でも「MP無しのジョブは潜在的なMPを持っているように見える」仕様となっている。

以下の例はヒュームMP有り/無しジョブそれぞれについて、サポジョブを換えてMPHPを比較したものである。HPでは見られない格差がMPでは存在することがわかる。

MP数値比較表Lv75黒魔道士Lv75ナイトLv75戦士
サポジョブ無し6163420
サポ白魔道士694420137
MP差分7878137

HP数値比較表Lv75黒魔道士Lv75モンク
サポジョブ無し8401333
サポ戦士10091502
HP差分169169

勿論Lv75で60MP未満の差であるから、実に微々たる差ではあり*3パーティプレイで後衛を不要に云々という意見からこういう仕様となっている訳ではないのは一目で明らかである。

しかし、上の例でMPに見られた差は、メイン・サポともにMPを持たないジョブであった時に各種族ごとに定められたMPが無視されるという仕様から来ているものであって、サポによってMPが増えているわけではない。
ジョブによってMPが0に制限されるという表現のほうが正しいのかもしれない)

おそらく、ある程度の高レベルまで育てれば*4MP無しジョブでもサポ白である程度の行動の自由が得られるようにこうした設定になっているのではないかと思われる。

現実のヴァナ・ディール振り返ってみれば、そもそもスキル上げパーティなどが成り立っているのはこの仕様によるところが大きい。戦士Lv75サポ白でもケアルガ一発でMPが払底するようでは、相互回復などほとんど意味をなさない。となると後衛にとって割損感が強まるスキル上げパーティの運営自体が立ち行かなくなることが想像される。後衛のやりがい・存在意義を危険にさらすことなく、しかも有効活用されている機能という意味では、現状の仕様はバランス的にはまずまずいい按配と言えるかも知れない。

現在はメリットポイントという形で前衛後衛にかかわらずMPを増加させる手段が実装されているが、特に不満の声は上がっていない。これは潜在MP発表時と比べて前衛後衛ジョブを取り巻く環境が変わってきていることに加え、前衛ジョブにだけボーナスが与えられる印象があった潜在MPとは異なることから、納得できるものとして受け入れられてるのであろうと思われる。

関連項目

種族】【MP】【レイズII】【レイズIIツアー】【リフレシュ
*1
回復役の不足は、白魔道士レイズII取得、赤魔道士リフレシュ取得のためにレベル上げを中断がかちあっており、ヴァナ全体の問題だった
*2
白魔道士の不満と言われることが多いが、当時ヒールによるTP減少もあったため、ケアル役は嫌だというような不満がそれ以上に多かった。
*3
これで「実は潜在MPは導入されていた!スクウェア・エニックスの欺瞞だ!」と騒ぐのは自らの恥部を晒すようなものだ。
*4
具体的にはMGS魔法が一通り使えるLv50などが想定されていると思われる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。