Achamoth(あかもーと)
ハルブーンに出現するワモーラ族(成虫)のノートリアスモンスター。「アカモート」。
2008年6月10日のバージョンアップで追加された。

アトルガン白門サブクエスト花鳥風月」に関連するNM群の一体。
ハルブーン傭兵団領系統の第三段階*1に属するトリガーNMである。

Achamoth

出現条件

ハルブーン傭兵団領系統の第二段階のNMを倒し、だいじなもの東雲の割符」を手に入れる。
これを所持した状態でゼニと交換でSanrakuよりトリガーアイテム石蜜」を入手。
これをハルブーンMAP[1](G-4)にある???トレードする事でPOPする。
辺りに甘い香りが漂っている……。

特徴

以下のメッセージと共に出現する。
……なにかが近づいてきた!!

戦闘後しばらくするとワモーラ族(幼虫)Achamothcampa」を常に2匹呼び出す。この幼虫は30秒経過後に成虫「Achamoth Nympha」に成長する。幼虫の間はスリプルが効き、寝てる間は成虫になることは無いが、成虫になると一切寝なくなる。

ジョブ白魔道士で、ケアルIVなどの回復魔法や、プロテスIVなどの強化魔法を唱える。高位ケアルを多用されると長期戦を余儀なくされ、またケアルガを使われると寝かせていた幼虫が起きてしまう。そのため、青魔道士を一人以上PTに入れておくとよいだろう。使用するWSは通常のワモーラ族(成虫)のものと変わりはない。

攻略方法

以下はLv75キャップ時代の内容である。

前述したとおり白魔道士タイプであるため、各種神聖魔法回復強化を行うため持久戦になる。
範囲特殊技ガ系神聖魔法空蝉が機能しない場合も多いため、盾役は2名以上いると安定するだろう。固定さえうまくいけば後は強めのワモーラと変わらないため、比較的容易には撃破できる。

しかし、なにより厄介なのはワモーラ族(幼虫)の処理である。トリガーを使って沸かせたその場所で戦うにしても、マラソンをしやすい場所とはお世辞にも言えない。
そこで有効になってくるのはエリアチェンジ出来る場所へアカモートを引っ張っていく戦法である。アカモートワモーラ族(幼虫)を呼び出したら、弱いガ系精霊魔法などで敵対心を稼ぎ、直ぐにエリアチェンジすることでワモーラ族(幼虫)を消してしまえばよい。
エリアチェンジ出来る所まで引っ張って来る最中に、周囲に徘徊するトロールも巻き込んでのマラソンとなるため*2NMの引きつけ役は最低でも二人欲しいところである。エリアチェンジの候補場所は一番近い(J-7)が望ましい。

戦利品

戦利品アカモートの触角オーガニクスオーラムサバトンオラクルブラコーニアイスグリップサンダーグリップ
アカモートの触角Sanrakuに渡すことで、だいじなもの柿渋の割符」を手に入れることができる。

出典

Achamothはグノーシス主義ヴァレンティヌス派の女神もしくは天使。『異端反駁』の『プトレマイオスの教説』には、神の姿を求める思いが神格化したものとして登場しており、同じく『異端反駁』の『バルクの書』には天使として登場している。

Achamoth Nymphaは「アカモートの蛹/若虫」という意味。campaは語尾について「○○の芋虫」という意味になることから、Achamothcampaは「アカモートの幼虫」もしくは「アカモートワモーラカンパ」といった意味だろう。

関連項目

花鳥風月】【割符
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
系統・段階については【割符】の項で詳解する。
*2
マラソン役が獣使いサポ獣だった場合、POP地点付近にいるエルカを操ってNMにぶつけ、「もどれ」をした後にインビジスニークを自身にかける事でトロールに見つからずに引っ張ることも可能ではある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。