スペルキャスター(すぺるきゃすたー/Spell Caster)
MMORPG用語の一つ。
スペルキャスターとは、文字通りSpell(呪文)Caster(詠唱者)で、魔法使い。略してキャスターとも。

広義的には魔法を行使するジョブ全てを指し、FF11では白魔道士黒魔道士赤魔道士ナイト暗黒騎士吟遊詩人忍者召喚士青魔道士学者風水士魔導剣士が該当する。
魔法のような効果を発揮できるジョブとしてコルセア踊り子が居るが、まず含まない(魔法を唱えるわけではない)。サイレスで使えなくなるかどうかが基準となるだろう。

狭義的には「呪文を唱え、駆使する専門家」とされ、その際は暗黒騎士忍者ナイトなど近接戦闘を得意とするようなジョブは含まれない。ただし、前衛にも後衛にも適正がある赤魔道士青魔道士は、狭義におけるスペルキャスターとして振る舞う事もあり、カテゴライズが難しい。


FFXI、特にJPプレイヤーの間ではひっくるめて「後衛」と言う分類で区別される事が多く、この分類が使用されることは少ないが、海外のユーザーはこちらの方が馴染み深いことが多く、使用するプレイヤーも少なくない。
後衛という分類がなされるようになったのは、距離を取っていて魔法を唱えないのが狩人くらいしかいない為、「後衛魔法使い」と言う認識で殆ど問題が無いことが大きな原因だと思われる。さらに、かつて距離補正が導入されるまでは狩人も距離をとらなかったのでなおさらである。

関連項目

アタッカー】【Buffer】【Healer】【Melee】【Tank
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。