契約書(けいやくしょ)
アイテムの一つ。召喚魔法の「精霊召喚」を覚えるための魔法スクロール。英語表記では「○○ Spirit」(○○は対応した属性の英名)となっており、召喚する精霊の名前がそのまま使われている。

共通性能

全てRare属性で、競売所での取引が可能。

入手先

販売しているものは契約書『土の精霊』のみとなっている。
契約書『風の精霊』契約書『氷の精霊』契約書『水の精霊』は、比較的弱い敵からの入手が可能。
契約書『火の精霊』は、光る眼ドロップのみであるため、競売価格は高め。
契約書『雷の精霊』は、闇夜の舞姫恐怖の狙撃手ドロップと入手機会が限られる事もあって高額で安定している。
契約書『光の精霊』は、NM以外の入手ルートがBFアサルトであり、契約書『闇の精霊』は、ウルガラン山脈デーモンズヴァール城内郭NM皇国軍・白の書のみと入手機会が少なく共に困難であった。その後、石の見る夢実装による紅玉のカギの当たりとして追加されたことで、供給量は僅かではあるが増大しているものの、需要に対しては未だに不足しており高額である。
契約書『闇の精霊』契約書『光の精霊』以外の契約書は、ヤグード教団軍の神殿騎士隊が出撃した(参加した)カンパニエバトルユニオン戦利品に入っていることがある。

魔法スクロールの名称入手先
契約書『火の精霊』スターオーブからの戦利品
契約書『氷の精霊』ズヴァール城外郭デーモン族(Demon Warlock、Abyssal Demon、Stygian Demon)
契約書『風の精霊』オズトロヤ城ソロムグ原野ヤグード族(Yagudo Oracle)、
オズトロヤ城〔S〕ヤグード族(Yagudo Prioress、Yagudo Superior)
契約書『土の精霊』ノーグ(H-9)"Solby-Maholby"が販売、
反魂樹の根木霊の根を植えたときの収穫
契約書『雷の精霊』クラウディオーブからの戦利品
ユニオン戦利品
契約書『水の精霊』ウガレピ寺院トンベリ族(Tonberry Dismayer、Tomberry Harrier)
契約書『光の精霊』ウガレピ寺院トンベリ族NMSozu TerberryTonberry KinqCrimson-toothed Pawberry)、
コメットオーブからの戦利品
皇国軍・白の書からの戦利品
???ボックス
紅玉のカギ
ユニオン戦利品
契約書『闇の精霊』ズヴァール城内郭デーモン族NMViscount Morax」、
ウルガラン山脈デーモン族Kindred Summoner)、
ザルカバード〔S〕デーモン族(Demon Justiciar、Adjudicator Demon)、
皇国軍・白の書からの戦利品
紅玉のカギ
ユニオン戦利品

契約書『風の精霊』契約書『土の精霊』の売却標準価格は100ギル
契約書『闇の精霊』契約書『光の精霊』の売却標準価格は1,000ギル

その他

かつてスクロールを使用して召喚魔法を修得した場合でもショップ競売リストは白色のまま表示されていた。
アイテム名(契約書『○の精霊』)と魔法名(○精霊召喚)が違うために起こるものと推測される。
契約書実装当時からずっと放置されていたが、2013年10月8日のバージョンアップで習得ずみの召喚魔法は緑色で表示されるようになった。

ジラートの幻影実装当時のバージョンアップ情報には「各属性精霊召喚魔法8種については、スクロールの状態であればトレードや売買が可能になってます。」*1とあったが、実際は土と雷は入手先未実装、光と闇に至ってはなぜかEx属性付きでトレードや売買が不可能だった。しかも入手先の難易度も高く、とても低レベルで覚えられるものではなかった*2。このため、「開発陣同士の連携不備に原因が有るのでは?」という批判も聞かれた。

関連項目

精霊召喚】【召喚魔法
*1
→2003年4月15日のバージョンアップ公式サイト)より
*2
当時、実装されていたもので入手が比較的に楽だったのは、契約書『風の精霊』ぐらいだった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。