Tonberry Kinq(とんべりきんく)
ウガレピ寺院に出現するトンベリ族NM

解説

「キンク」と人間から呼ばれているトンベリ。王冠を被る姿を比喩した「王(キング→キンク)」という冗談らしいが、詳細は不明。

なぜ彼は「キンク(Kinq)」と呼ばれているのだろうか?
定説はではないが、彼の被っているのは王冠ではなく、大神官の被る法冠ではないか、という指摘もある。名付けた冒険者は、いかにも、という感じで玉座から降り立った彼を見て直感的に怪しみ、王に似てる偽物という意味でキンクと名づけたのではないだろうか。

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P88,P89より。

出現条件

ヨアトル大森林(H-11)から入ったマップのE-7にある小部屋に出現。
周囲のTonberry Dismayerとの抽選POP

特徴

召喚士型でアストラルフロウを使用する。
E-7の部屋に入るルートは二つあり、生贄の間BFクリア後に出る場所から入る方法と、ウガレピのカギ高僧のカギの2つを使用して入る方法とがある。

場所的に非常に行きづらいのと、目立った戦利品を落とさないことから、狙って倒されることはまれ。

戦利品

光のクリスタル契約書『光の精霊』契約書『水の精霊』乾燥マグワートトンベリコート
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。