イオリアンエッジ(いおりあんえっじ/Aeolian Edge)
短剣EXWSの一つ。スキル290で習得する。
2010年6月22日のバージョンアップ実装された。
範囲攻撃風属性ダメージTP:ダメージ修正連携属性:切断炸裂衝撃

連携属性切断/炸裂/衝撃
TP100020003000属性修正項目系統係数
2.003.004.50DEX40% INT40% なし

属性WSの一つ。対象は自身中心範囲で、威力はPCのレベルやメインウェポンアイテムレベルに応じて上昇する。

属性耐性などの判定がない限り、敵の数に限らずすべての敵に同値のダメージを与えるという特徴を持っている。
ただし風属性耐性をもつ敵が相手にはレジストされやすくなる。プークなどは吸収HP回復)してしまうので使用は厳禁。

シーフ踊り子等にはエヴィサレーションなどがあるため、通常のダメージソースとして使われることはない。主にアビセア黄〆を狙う際に使われる。また天神地祇の薬使用の際にもよく使われる。

ジョブ特性魔法攻撃力アップを持っている赤魔道士にとっては、生半可な装備で撃つエヴィサレーションよりも安定して高ダメージが出る。防御をかためれば、複数の敵を相手にカンパニエでのウリエルブレード連発に似た運用も可能。ナイト短剣スキルを持っているので、サポ忍などにすれば使用できる。を持ったままそれなりの威力を出せる範囲WSでもある。

自身中心範囲なのでガストスラッシュサイクロンと違い、離れた敵には使用できないが、攻撃範囲はサイクロンよりも広い。切断が優先属性なので溶解から核熱を起こすこともできないなど、サイクロンとは使い勝手が違う部分も多々ある。

名前は「風の刃」といった意味。

歴史

実装当初は威力も微妙でダメージ倍率の伸びも悪く、TPをためたりマーシャルナイフを使うとサイクロンと大差がないWSだった。しかし2010年9月9日のバージョンアップにてダメージが修正され、使いやすくなっている。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が調整されている。それまでは以下の性能だった。
TP100020003000属性修正項目
2.753.504.00DEX28% INT28%

このバージョンアップでは修正項目の引き上げの他、ダメージのレベル補正追加、魔法命中率の引き上げ、TP3000でのTPボーナス引き上げなど様々な調整が行われている。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加された。

関連項目

ガストスラッシュ】【サイクロン】【オハリアン
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。