陽忍(ようにん/Yonin)
2009年7月21日のバージョンアップ実装された忍者ジョブアビリティ
敵対心アップ忍具の知識効果アップ命中率ダウン
さらに敵の正面にいる場合に限り、回避率と被クリティカルヒット率にボーナスを得る。

レベル40で習得する。効果時間は5分、再使用時間は3分。サポートジョブでは使用できない。

命中率ダウン陽忍使用直後は-30で、以降15秒ごとに+1ずつ増加し、効果時間終了の直前では-10となる。敵対心アップも同じように使用直後は+30。そして15秒毎に-1ずつ減衰していく。
他のステータスに関しては検証が困難だが、回避率アップに関しては時間の経過により効果が減衰していく事が分かっている。

敵の攻撃を受け止めるための能力を強化するアビリティ
効果時間再使用時間よりも長いことから、八双星眼のように状況に応じて逐次切り替える使い方が可能。

実装当初は陰忍再使用時間を共有していたが、2011年7月12日のバージョンアップ再使用時間が独立するようになり、再使用時間も5分から3分に減少されたので、時間減衰により効果がボトムに達する前に上書きする事も可能になった。

また、2015年5月14日のバージョンアップでは、陽忍中、忍術空蝉の術:壱」「空蝉の術:弐」「空蝉の術:参」の詠唱時に発生する敵対心が引き上げられている。

由来

現実世界における陽忍は、諜報活動や謀略など、公の場に姿を現して用いられる忍術。もっとも、FFXIではプレイヤーが諜報活動を行うことはほぼないためか、敵に自分の姿を晒し正面で戦うのに有利な能力になっている。

不具合

実装直後、陽忍中は忍具の知識の効果がアップするどころか、忍具が消費されないという桁違いの性能をもつアビリティとして忍者からは歓喜の声が上がった。しかし、2009年7月22日に発表された「現在確認されている不具合について」により、陽忍中に忍具が全く消費されないのは不具合であることが発覚。2009年7月28日に修正された。

アビリティは、公式によると「時間の許す限り調整してからリリースする」と宣言されたものであったが、調整の最終段階でこのような不具合が紛れ込んでしまったのか、最初から忍具を消費しない仕様となっていたことに気付いていなかったのかは、不明である。

関連項目

陰忍
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。