Ephemeral Moogle(えふぇめらるもーぐり)
クリスタルを預かってくれるモーグリ「エフェメラルモーグリ」。2016年5月10日のバージョンアップ実装された。
エフェメラルモーグリ

仕様


ちなみにクリスタルを預けるにも引き出すにも無駄に長いモーグリの小芝居を見せられる。

所在地一覧

エリア座標備考最寄HP
南サンドリアD-9革工ギルド#4
北サンドリアE-3木工ギルド#4
北サンドリアE-6鍛冶ギルド#4(やや遠い)
バストゥーク商業区H-8彫金ギルド#4
バストゥーク鉱山区K-6錬金術ギルド#3
ウィンダス水の区北E-9調理ギルド#4
ウィンダス森の区H-13骨工ギルド#4(やや遠い)
ウィンダス森の区G-12織工ギルド#5
モグガーデン-要「またたく招待状
Mog Dinghyの隣

三国クリスタル合成ギルドにいるが、大工房鍛冶ギルドにはいないので注意。
2016年6月7日のバージョンアップで、星のきらめき15個と交換でモグガーデン内に配置できるようになった*1

世界設定

メイジャンモーグリ団(The Magian Mooglehood)の末裔であり、「クリスタルの秘術」を司っている。人間クリスタル合成に興味を持ち、アストラルの風をまとって姿を隠しながら観察しているため、普通の人間には姿が見えない。

また、普段は少し違う世界におり、様々な場所に虚像を出現させているが、全て同一個体とのこと。

クリスタルアストラル化したり、アストラルの風をまとって姿を隠したり、召喚の理を修めれば異世界のことが理解できるかもと言っているところを見ると、本体アストラル界にその身を置いているのかもしれない。

なお、Ephemeralは「はかない、短命の」という意味。この場合は「今にも消えてしまいそうなモーグリ」といったところか。

歴史

実装当初は同じ属性クリスタルしか同時に預けることはできず、異なる属性クリスタルを混在して渡した場合、の優先度で受け取っていた。しかも、預ける度にモーグリのモーションが発生するため、全属性クリスタルを預けようとすると相応の時間がかかっていた。

2018年12月11日のバージョンアップからは異なる属性クリスタルも同時に受け取るようになり、利便性が向上している。

コラム

実装直後の公式コメントには、今後のバージョンアップでは上記以外の都市への配置も予定されているとのコメントがあった*2。しかし、2018年12月現在でも都市への新規配置は行われていない。その代わりなのかは不明だが、2017.9.11にはクリスタル預かりとして使用可能なSynthesis Focuser IIジュノ港に配置された。もっとも、こちらはエスカッションクエストをある程度進めた人しか使えず、預かりもEphemeral Moogleとは別口だが…。

また、開発スタッフ藤戸氏によると「預かりシステム」の完成形はもう少し先にあり、Ephemeral Moogleとは違う口を用意して、もっと預けやすく取り出しやすい仕組みを検討しているとのこと。Ephemeral Moogle対応のために1種類ずつしか対応できないが、そのために残すとのことだった*3

後の2017.9.11実装されたSynthesis Focuser IIは、クリスタルとバラ、および幻珠を、異なる属性であってもまとめてセットすることが可能な仕様になっていることから、この検討はここに生かされたのかも知れない。

ただし、Synthesis Focuser IIエスカッションクエストをある程度進めたプレイヤーでなければ使えないという制約があったためか、結局Ephemeral Moogleをより便利にする方向に舵を切ったようで、2018.12.11にまとめて預けられるようになっている。

また、預けたクリスタル合成メニューから直接使えるようにするのは、かなり内部の改造が必要なので実現できないかもしれないとのこと*4

関連項目

】【クリスタル】【Moogle】【Magian Moogle】【ギルド
Copyright (C) 2002-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。