Maju(まじゅー)
醴泉島に出現するペイスト族NM
2015年11月10日のバージョンアップで追加された。

赤みがかかった独自のグラフィックをしている。

出現条件

ギアスフェットの条件を満たした上で、醴泉島に点在する???調べることにより出現する。

グリスリートリンケットマジューのクロー」の入手に必要となるのは、ソベランの毛皮

特徴

コンテンツレベル145に相当するモンスター

ペイスト族特殊技に加え、固有技「バックドラフト(対象範囲ダメージノックバックバーン)」を使用する。
この追加効果バーンスリップ量が非常に多いため、食らったら早めに解除しておきたい。

4回以内で同じ連携を入れるとレベルアップ
よって4種類以上の連携を順にまわす事でレベルアップ回避できる。

お勧めの連携弱点氷属性を付くことが出来る硬化湾曲と、デス大ダメージが狙える収縮重力。可能であれば連携を挟んでも良い。
例1)硬化湾曲収縮重力(最初に戻る)
例2)重力収縮湾曲硬化(最初に戻る)

この特性上、狙った連携を確実に発生可能な学者を主体とした編成が望ましい。
物理主体の編成の場合、連携を考慮してWSの順を決めてもミスによる連携不発でローテーションが崩れることがあり、回避率が非常に高い本NMとの相性は非常に良くない。

オプレッシブグレア中に強力なリジェネが発生。
精霊の印ボルスターを使用してもレジストするほどにブラインに対し強力な耐性をもつが、レジストハック等を駆使して入れると赤弱点を付きオプレッシブグレアが解除される。
また、氷属性ダメージを与えることでも解除できることがある。

歌やロールへのテコ入れ後の現在では、上記のような煩わしい戦術を取らずとも、近接アタッカー連携を出さないようにすることで容易に討伐可能である。

 盾  Maju  近接アタッカー

となるように、それぞれが攻撃の当たるぎりぎりの距離でMajuに対峙することで、トーピファイングチャージ以外の全ての特殊を受けずに討伐することができる。

オプレッシブグレアのほか、トーピファイングチャージでの麻痺もあるため盾役は常時後ろを向いてキープしておくといくらか楽である。

戦利品

出典

バスク神話に登場する神"Sugaar"の別名。詳細はSugaar項を参照。

関連項目

ギアスフェット】【マジューのクロー
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。