複垢(ふくあか/Multibox)
「複数アカウント」の俗称。
1人のプレイヤーが2つ以上のアカウントを所有すること。また、倉庫キャラセカンドキャラのうち、メインキャラとは別のアカウントとして契約されているものをこう呼ぶことも多い。
対義語として、複垢を使用しない通常のアカウントが「単垢」と呼ばれることもあるが、こちらはあまり使われない。

複垢キャラについて

メインアカウント+1の「2垢」が基本。もっとも中には3垢や6垢、さらにそれ以上のツワモノまでいるという。戦力の増強・利便性から着手するプレイヤーも居るが、PS2からPC版に移行する際にアカウント分けを行い「ついでに作った」という話も良く聞かれた。

プレイヤーによりけりな面もあるが、複垢キャラの特徴として、メインキャラの名前を捩ったり、果ては単純に文字を追加しただけの名前など、メインキャラに比べると「ぞんざい」なネーミングになっていることも多い。

複垢ジョブであればアビセアであれば前衛のように、コンテンツとその相性によって様々だが、装備を特に必要としない、メイン前衛キャラで思う存分ヒャッホイしたいなどの理由から、比較的後衛ジョブが多い。一方で通常のソロプレイよりも行動の幅が広がることから、その辺の後衛よりも装備が充実していることもある他、野良募集で集まりづらいキージョブ複垢で補うといったケースもある。
後述するように、キャラクターの数が増えてもプレイヤー自体は一人なので、煩雑な操作を要するジョブは好まれない傾向にある。

利点

通常の倉庫キャラに対する最大のメリットは、メインキャラと同時に操作できることである。このためアイテムの受け渡しをするのにいちいちログインを繰り返す必要がなくなる。
ログアウトなしでアイテムの受け渡しが可能なため、複垢キャラクター薬品をたくさん持たせて歩く薬品庫として利用したり、矢弾を持たせて歩く弾薬庫として利用する人もいる。また、Ex属性がない宅配することができないアイテムの受け渡しが自己完結できるため、タルットカードクエイニシャルエッグ等の扱いが容易になる*1

また、カンストレベルまで育てれば戦力がその分だけ増すことになり、プレイの自由度が高くなる。特にアビセアエリアでは前衛ジョブ白魔道士の組み合わせで大抵のNMが狩れる、連れているキャラの数だけトリガーを持たせることで連戦が容易になるなどメリットが非常に大きくなっている。

それ以外にも、パワーレベリングに利用したり、レベル上げメイジャンの試練のためにレベルシンク対象に複垢を利用することで通常より楽をしたりと「痒いところに手が届く」といった部分も複垢の魅力の一つと言える。

欠点、問題点

  • 金銭的な問題
    アカウント倉庫キャラであればレジストレーションコードを別に買い求める必要はなく、+105円/月の追加費用で必要な数だけ増やすことができる。これに対し、複垢は別のアカウントであるためこのような恩恵が受けられず、月々の課金二重、三重と増していくことになる。もちろん、FF11にどの程度の費用をつぎ込むかは個人の自由だが、少なくとも万人に求められるプレイスタイルではあり得ないだろう。

  • 中の人は一人
    複垢であっても操作するプレイヤーが一人である以上、操作がおろそかになるケースが非常に多く、単純に頭数に含められるかは中の人の腕と相手・状況次第である*2
    また、特に戦利品目的のパーティプレイにおいて、PCの数だけロット権を主張する行為は嫌われやすい。中には複垢であることを隠してロットしようとする者すら存在し、後述する複垢へのネガティブなイメージの一因になっている。
    アビセア乱獲においても、人集めのために「2垢のうち片方が動けばOK」という条件の募集が見られるようになっているが、この場合戦力の低下は避けられないことから、片方をキャップレベル限定としたり、思い切って全員2垢前提とする募集がなされることもある。
    なお、業者と同様の/followを使用したドラクエ歩きになってしまうことから来る印象の悪さも、ある意味デメリットかもしれない。

  • PT離れ
    複垢を使いこなすとある程度のことは野良や身内を頼る必要がなくなり、徐々に他のプレイヤーと関わる頻度が低くなってしまうという状況に陥りやすくなる。結果、他者との距離感等を失って、久々に野良PTに入った際についついソロ時の環境と同様の行動をしてしまいタガの外れた状況に陥り、それを他人の所為だと思い「やはり野良ダメだ」というマイナス思考に勝手に陥っては更に人と関わらなくなるという負のスパイラルに囚われる複垢プレイヤーが多々見受けられる。
    また、上記の点とも関係するが、メイン垢以外が寄生化する場合もあり、身内であればまだしも野良パーティではそれを嫌うプレイヤーとの軋轢も発生する。



  • 複垢へのイメージ
    便利で利点も多い複垢ではあるが、複垢を利用するユーザーに対して抵抗感や嫌悪感を抱くプレイヤーも少なからず存在する。
    全てのプレイヤーが歓迎するというわけではないので、複垢を利用する際にはTPOを考え他のプレイヤーとトラブルになりそうな場合には複垢を利用しないなどの対応も必要となってくるだろう。
    また、複垢ソロとはみなされないことも多いため、戦術を語る時には注意が必要である。

関連項目

アカウント
*1
赤玉バザーを使えば同一アカウント内でアイテムを受け渡すことも可能だが、正規の方法ではない上に手間がかかるというデメリットがある。
*2
大抵は、複垢の数に比例して戦力が減衰・分割されると思っていい。
*3
6人全てが黒魔道士で、気持ち悪いくらいに全員が同時に動き等間隔に散って完璧なテンポで精霊ピンポンする業者がよく使っていた経歴がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。