セカンドキャラ(せかんどきゃら)
アイテム収納、保管を目的とした倉庫キャラとは違い、レベルを上げて冒険、育成する事を目的とする二人目のキャラクターのこと。

「一つのキャラを育てきってしまった」場合、別のキャラクターを育てたい、という目的から保有される。
他のMMORPGでは比較的メジャーな存在なのだが、ヴァナ・ディール冒険者は「ジョブチェンジ」することでLv1の他ジョブに早代わりしてしまう為、あまりFF11上で見られることはなかった。

しかし、サービス開始当初からかなりの年月が経過したことで、全ジョブカンストとはいかずとも、「プレイしたい主要なジョブが75、サポジョブも一式揃い、装備もとりあえず整った」ようなプレイヤーが少なからず出現し、セカンドキャラも見受けられるようになった。

また、自分の選んだ種族フェイスは変更できない為、「別のキャラクターをプレイしてみたい!」と思い、セカンドキャラを育て始める人も居る。

セカンドキャラは、プレイヤーメインキャラで培ってきた資金、装備、そして知識を活用して育てる事が出来る為、育成速度は非常に速いのが特徴。中には一人2アカプレイで、高レベルのメインキャラセカンドキャラPLするケースもある。

また、ゲーム内の人間関係に疲れた、何か問題が起きた、などの理由により元のメインキャラを消す、ワールドを変える等して心機一転レベル1からプレイしている者もおり、これをセカンドキャラと呼ぶ場合もある。

セカンドキャラを育成すること自体には何の問題もないのだが、プレイヤーの中にはセカンドキャラ=「メインキャラでやることがない廃人」とか、「名前を変えなければ冒険が出来ない程の問題を起こした人間」のようなレッテルを貼る者も少なからず存在する等、あまり良い印象を持たれない傾向にあるようだ。

一部プレイヤーの中には、一見してレベルにそぐわない知識を持った低レベルのプレイヤーを勝手にセカンドキャラ認定したり「そのキャラってセカンド?」等と無遠慮に聞くプレイヤーもおり、匿名掲示板等ではしばしば物議を醸す事がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。