Chloris(くろりす)
アビセア-タロンギに出現するマンドラゴラ族アデニウムNM
2010年6月22日のバージョンアップで追加された。

Chloris

出現条件

アビセア-タロンギ(I-8)の???を、4つのだいじなもの裂けたコウモリの翼瞼付きのヘクトアイズの目肉片が付着したサソリの爪すべすべなアダマンタスの甲羅)を持った状態で調べると出現する。

4Chloris
3瞼付きのヘクトアイズの目裂けたコウモリの翼肉片が付着したサソリの爪すべすべなアダマンタスの甲羅
OphanimTreble NoctulesHedetetChukwa
2萎れた翼足萎れた鋏脚ヘクトアイズの赤眼鎮められた頭骨血のついた牙酸性腐葉土猛毒サソリの針-
HalimedeVetehinenBeholderCannered NozBlood BatGancanaghCanyon Scorpion-
1上質な翼足上質な鋏脚-禍々しい頭骨-アルカリ腐葉土--
Gully ClionidGulch Limule-Caoineag-Pachypodium--

特徴

見た目は巨大な紫色のリコポディウム

技名称範囲効果空蝉備考
闇合成敵自身リジェネ
命中率アップ
回避率アップ
-リジェネのみ消去可能
ペタルピルエット自身中心範囲TPリセット貫通
フェイタルスクリーム自身中心範囲死の宣告貫通
スクリーム自身中心範囲テラー
MNDダウン
貫通
ヘッドバット近接単体物理ダメージ(強)貫通通常個体は蝉を貫通しない
種まき遠隔単体物理ダメージ
VITダウン
貫通
リーフダガー遠隔単体遠隔物理ダメージ
+毒
貫通

グラビガを詠唱する。
また、百烈拳を定期的に使用してくる。この際ターゲットされているPCヘイトがリセットされる。

スタンは有効だが徐々に耐性がつく。パライズサイレスは有効。

フェイタルスクリームによる死の宣告がやっかいで、討伐には聖水が必須になる。
範囲はとても広く、グラビガをくらう位置だとこの技の範囲内となるので、後衛魔法前衛にぎりぎり届く位置取りを心がけたい。
上述のヘイトリセットもあるので、前衛だけでなく後衛聖水を持参したほうがよい(目安は1ダース程)。

戦利品

一閃鉢巻ルーディックミトンアウグルグローブクロリスの双葉(1~2個)
金行の絵札トレハン枠)、金行の小片(黄弱点枠)

また、摘蕾のアートマを得られる可能性がある他、出現させた人は咲き乱れたマンドラゴラの花Lacovieトリガーの1つ)を手に入れる可能性がある。

また、称号「クロリスアップルーター」(Chloris Uprooter:クロリスを引っこ抜いたもの)を得られる。

出典

ギリシャ神話にはクロリスが何人か登場するが、アデニウムNMであることから、この場合は春と花のニンフに由来すると思われる*1。名前は「淡緑色、新鮮」といった意味がある。ローマ神話ではフローラに対応する。

西風の神ゼファーに攫われ、結婚したとされる。

関連項目

マンドラゴラ】【リコポディウム】【アデニウム】【アビセア
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
→Chloris(Wikipedia英語版)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。