Chukwa(ちゅくわ)
アビセア-タロンギに出現するアダマンタス族NM。通称「ちくわ」。
2010年6月22日のバージョンアップで追加された。

Chukwa

出現条件

アビセア-タロンギ(F-5)付近に時間ポップする。
ここへは第6幽門石から北西がやや近い。

周囲の雑魚はノンアク・ノンリンク

特徴

戦士タイプのようで、マイティストライクを複数回使用する。

通常時は一部のアダマンタス族が行う首を引っ込める防御体勢をとっており、移動しない代わりに防御力が恐ろしく高くなる。この最中は時折土属性水属性精霊ガIV系精霊V系古代魔法II系を詠唱する。
スタンは無効である為、特に精霊ガIV系シェルストンスキンなどで軽減するか詠唱を確認次第距離を取って避けるなどの対処を怠らないようにしたい。
ある程度ダメージを与えるとマイティストライクを使用し、ターゲットを追って移動を開始する。マイティストライクの効果が切れると再び防御体勢を取り、通常のモードへと戻る。この一連の行動パターンを複数回繰り返す。

防御姿勢時の防御力が非常に高いが、首を引っ込めていないマイティストライク中や、魔法の詠唱中はそれなりにダメージが通るようになっている。WSを撃つのならこのタイミングを狙うと良い。

なお、特殊技トータスストンプが範囲化されている。
空蝉複数枚で回避できるものの、マイティストライク中に使われると追加効果の防御ダウンも手伝って危険。

実装当初はアライアンスで挑んでも壊滅する危険性があったが、アートマや支援の充実や、レベルキャップ上昇に伴うPC強化により、特徴さえ掴めば少人数やソロでも撃破可能になっている。

周りの雑魚同様、ノンアクティブノンリンクである。

戦利品

金剛のアートマシージボウクリードカラーチュクワの卵アダマン鉱デスストーンなど。

チュクワの卵は複数落とすこともある。
また、釣った人はだいじなものすべすべなアダマンタスの甲羅」が得られる場合がある。

出典

チュクワはヒンドゥー神話に登場する巨大な亀*1

世界の中心にそびえる須弥山を支えているとされる。

関連項目

アダマンタス族】【アビセア
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
→World Turtle(Wikipedia英語版)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。