Ullegore(うるごあ)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。

1.項 登場人物

魔王ウルゴアと呼ばれる。見た目は杖を持ったコース族である。
2008~2009年、2011年、2015年のあますず祭り期間中に、三国に出現したNPC

魔王ウルゴア 魔王ウルゴア:中の人

2008年のあますず祭りではミュモルと直接(?)戦った。実は本物ではなくウカが変装した偽者。
2009年は顔見せ程度の登場であった。
2010年はついに出番を失い悲劇の人となった。
2011年は顔見せ程度とはいえ、再登場している。
2012年は再び出番を失ってしまった。
2013年はザッハトルテが活躍して陰に埋もれた存在になった。
2014年は「いつか魔王ウルゴアを倒す」と言及はされるものの、出番はなかった。
2015年は遂に真の姿を曝け出した。フェイスタイプは不明なもののエルヴァーン男性であることが判明した*1エージェントコートマリスマッシャー装備

詳細はアイドル戦士ミュモル★ヒロインショーを参照のこと。

天晶暦XXX年。
突如、空から降ってきた隕石から現れた、黒い影。
それは、祭りの灯を絶やし、このヴァナ・ディールを退屈で満たそうともくろむ魔王“ウルゴア”であった。

魔王は、ヴァナ・ディール各地の祭りに勝手に参加しては、その圧倒的なニヒルパワーによって、陽気なお祭り会場を陰気な反省会場へと変えていった。
花火は湿気り、かき氷は溶かされ、可愛い金魚は地味な堀ブナに変わり、ついには子どもたちの笑顔すら消えさったかと思われた……。

→ファイナルファンタジーXI 公式サイト アイドル戦士ミュモル♥ヒロインショー予告 (2008/07/25)より

2.項 フェイス

いずれかのフェイス使用許可証を所持した上で、「盟-ウルゴア」を許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスウルゴア」を習得できる。
外観は真の姿(人間)ではなくコース族のもの。*2

特徴

ジョブ黒魔道士暗黒騎士
戦闘タイプ魔法攻撃
武器格打属性
WSメメントモーリエンバウトメントサイレンスシールボードトゥティアズ
アビリティなし
魔法精霊I系精霊V系コメットインパクトスタン
その他アルカナキラー

魔法攻撃タイプのフェイスだが敵と距離を詰めてオートアタックを行う。

コメットインパクトメメントモーリ後にのみ使用。
精霊魔法は基本的に敵が持つ最も耐性の低い属性魔法を唱えるようだ。
見た目や技はコース族だが中身はエルヴァーンなので、バラモアと違いケアルによる回復は可能で、アルカナ類に対してひるまないどころかアルカナキラーまで保有している。
MPに強烈な補整(裸+100の4倍)がかかっており、Lv1の時点で500もある。

敵の特殊技スタンで阻止しようとするが、詠唱の長い精霊魔法を多用するためタイミングが合わないこともある。
ミュモルIIとは行動パターンがほぼ同じようで、同時に呼び出していると全く同じ動きをする。(WS等の要因で徐々にずれていく)

ボードトゥティアズは敵を退屈状態にする専用技。「退屈」という状態異常そのものは存在しないため、何らかの状態異常の複合と思われる。

なお、帰還させると「お前といると退屈だった」と斬新なお褒めの言葉を頂ける。

特殊台詞

関連項目

あますず祭り】【アイドル戦士ミュモル★ヒロインショー】【アイドル戦士ミュモルW★ヒロインショー】【アイドル戦士ミュモルR★ヒロインショー】【フェイス】【フェイス/一覧
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
口とアゴ、鼻の穴の形から、エル♂F1ロテール)と思われる。
*2
このためか、フェイス担当NPCからは「人以外」扱いされてしまう
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。