Kalunga(かるーんが)
ウォークオブエコーズ〔P〕に出現するギャブラス族NM2021年2月10日のバージョンアップで追加された。

出現条件

バトルコンテンツオデシー」のシェオル ジェールにおいて、選択することで戦う事ができるNMの内の1体。
アトーンメント3に属し、アトーンメント2のNMを全て討伐すると選択できるようになる(他プレイヤーが選択した場合は条件を満たしてなくても戦闘可)。

特徴

外見は青いギャブラス族斬属性弱点で、それ以外の攻撃に強い耐性を持つ。

他のシェオル ジェールNM同様、高いVengになるほど強化されて行き、SPアビリティなどが解禁されていく。
解禁されるSPアビリティは「ブラーゼンラッシュ」。2021.3.102021.6.10は不具合が存在し、この間はE.スフォルツォを使用していた。

Tojil等と異なり、通常時からインシネレイトラハールを使用する。

ブリスターローアを使うことでエフェクトが発生し、エフェクト効果中は特殊技を使うごとに魔法陣「Zisurru」を召喚する。
Zisurruは周囲にダメージを与えつつしばらくすると消えるが、後半になると数を増し、最終的に数百のダメージをいくつも同時にばら撒き始めるため放置すると非常に危険となる。
またエフェクト効果中は火属性火属性を含む連携属性吸収するほか、特殊技を連続使用するなどNM本体も相当強化される。

連携を発生させることで赤い!!弱点が発生してZisurruが消滅、さらに連携を繋げることで青い!!弱点が発生してエフェクトを消すことが可能。
青い!!弱点に必要な連携回数は、Vengが高くなるほど多くなっていく。

低Vengであれば3連携ほどで青い弱点を付けるためアタッカーにかなり融通が利くが、高Vengの場合4連携以上を定期的に入れ続ける必要があるため、連携に長けた武器ジョブが求められる。
Lv2連携を一周すると核熱の部分で吸収されるため、切断炸裂収縮貫通お手玉連携や、核熱WSスタートで湾曲まで回し、そこからに繋げるなどが有効。

前方範囲技のボルケーノステーシス前衛強化が一気に消されると削りが非常に遅くなるため、アタッカー正面に立たず、かつタゲを奪わないように努めたほうが良い。

戦利品

討伐時に、称号「カルーンガコラップサー」(カルーンガを崩した者)を得られる。
初回討伐時にだいじなものカルーンガの記録」を入手でき、ラバオ(G-6)の"???"からサクパタフィスト サクパタソード サクパタ装束が購入可能になる。
また、条件を満たした上でVeng+1以上で討伐することで上記の装備強化に必要なRPが獲得できる。
Veng+15の状態で討伐すると、上記の装備強化上限がRank20まで解放される。

NMの名称について

ルーンガはコンゴの宗教における死者の世界、または生者の世界と死者の世界の境界線である水域を守護する神(女神)。
当時のコンゴの人々にとって、太陽が沈む方角である大西洋は死者の世界の入り口と信じられており、そこはまた奴隷貿易によって人々が連れていかれる場所でもあった。

関連項目

オデシー】【シェオル ジェール】【サクパタフィスト】【サクパタソード】【サクパタ装束】  
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。