エルゴン・ローカス(えるごん・ろーかす/Ergon locus)
ヴァナ・ディールにおいて自然の力(エルゴン)が溢れる領域のこと。
ヴァナ・ディール全土に多数存在しており、ウルブカ大陸でも確認されている。

エルゴン・ローカス自体の見た目は不思議な煌きと同じく地面が光っているだけだが、周囲には特徴的なオブジェクトがあり、それぞれに名前がつけられている。

風水士を志す者は、尋龍点穴*1の旅、即ちエルゴン・ローカスを求める旅に出ることとなる。

確認されているエルゴン・ローカス

主に東ウルブカ地方で発見されているが、中の国にもエルゴン・ローカスはある。

また、中の国東ウルブカ地方にかけて、Geomantic Reservoir(風水の力がたまっているところ)というエルゴン・ローカスと似たような場所があり、風水士ジオ魔法の習得のためにヴァナ・ディール全土を駆け回ることになる。

一覧

中の国

風水士取得クエスト風水学入門」で訪れるポイント。正確には「Ergon Locus ???」となっており、同一のものではない可能性もある。
エリア座標対応する所属国テレポ
ラテーヌ高原K-8サンドリア所属ホラの岩
コンシュタット高地I-6バストゥーク所属デムの岩
タロンギ大峡谷I-6ウィンダス所属メアの岩

東ウルブカ地方

ワークスコール地脈調査」で調査したり、そこから力(エルゴンパワー)を取り出した「エルゴン・ティンクチャ」という薬品を手に入れることができる。

なお、広域スキャンで検知することが可能。
行き方についての詳細は「地脈調査」を参照のこと。

エリア名称座標エルゴン・ティンクチャ
(効果)
備考
ケイザック古戦場健常の島K-10ソーマの雫【岩場】
MP最大値アップ)
虫酔いの花I-8ソーマの雫【花蜜】
物理攻撃力アップ
ヤッセの狩り場不落の岩F-5ソーマの雫【不落】
HP最大値アップ)
光浴の島K-8ソーマの雫【陽光】
INTMNDCHRアップ
フォードスキル
エヌティエル水林清浄の浜J-11ソーマの雫【清浄】
STRVITアップ
フォードスキル
龍の流木E-11ソーマの雫【龍木】
魔法攻撃力魔法命中率アップ
フォードスキル
肥沃の実F-5ソーマの雫【果実】
DEXAGIアップ
フォードスキル or
コロナイズ・レイヴ越え
灯の花K-7ソーマの雫【花冠】
ダブルアタック確率アップ)
シィの門光滴の池K-7ソーマの雫【水滴】
ファストキャスト
コロナイズ・レイヴ越え
風の地瘤J-11ソーマの雫【突風】
被物理ダメージ軽減)
フォードスキル
モーの門温湿の泉L-6ソーマの雫【熱泉】
命中アップ)
コロナイズ・レイヴ越え
火の地瘤K-10ソーマの雫【猛火】
クリティカルヒット率アップ)
クライムスキル
シルダス洞窟命の聖室E-9ソーマの雫【樹根】
リジェネ
コロナイズ・レイヴ越え
土の地瘤M-9ソーマの雫【塊土】
リフレシュ
コロナイズ・レイヴ越え
モリマー台地雪精の木K-6ソーマの雫【凍木】
防御力アップ
栄華の泉E-6ソーマの雫【湧泉】
被魔法ダメージ軽減)
フォードスキル and
(要コロナイズ・レイヴ越え or
クライムスキル
氷点の花H-6ソーマの雫【息吹】
TP上昇)
クライムスキル
ヨルシア森林澄明の池G-6ソーマの雫【澄明】
盾発動率アップ)
要時間待ち
蘇苔の岩I-7ソーマの雫【蘇苔】
カウンター率アップ)
要時間待ち
繋茂の木K-10ソーマの雫【繁茂】
回避力アップ)
要時間待ち and
コロナイズ・レイヴ越え
マリアミ渓谷薫風の花K-5ソーマの雫【薫風】
敵対心減少)
クライムスキル
飛沫の大木H-11ソーマの雫【飛沫】
ファランクス
クライムスキル or
コロナイズ・レイヴ越え
三巴の岩C-8ソーマの雫【三巴】
敵対心アップ
クライムスキル
ドーの門塩清の泉G-12ソーマの雫【塩清】
詠唱中断率ダウン)
コロナイズ・レイヴ
水の地瘤E-10ソーマの雫【頂水】
魔法回避アップ
クライムスキル
カミール山麓融氷の湖J-8ソーマの雫【氷湖】
モクシャアップ
光垂の柱J-11ソーマの雫【輝滴】
コンサーブMPアップ)
衝天の氷爪G-11ソーマの雫【氷爪】
スナップショットアップ)
ウォーの門氷の地瘤G-11ソーマの雫【凍石】
魔法防御力アップ
コロナイズ・レイヴ
静謐の氷瀑H-5ソーマの雫【飛泉】
ストアTPアップ)

なお、風水士AFクエスト鈴は鳴りわたる」やアドゥリンミッション女王種」で関わる「Ergon Locus ???」はクエストミッション用であり、地脈調査の対象にはならない。

地瘤

風水士AFクエストによると、エルゴン・ローカスの1つ「土の地瘤」は大風水士シィ・レナイェの5人の弟子の一人、ザカライアの墓で、代々ザカライアの一族はここに葬られている。

また、サブクエストジオ装束」では、モーの門/ドーの門/シィの門は伝説の風水士の一人がそれぞれ火、水、風の術を施した場所とされていることから、モーの門の「火の地瘤」、ドーの門の「水の地瘤」、シィの門の「風の地瘤」も風水士の手によるものと推測できる。同様にウォーの門に存在する「氷の地瘤」も弟子の手によるものだろう。

名称について

エルゴンはギリシア語で「仕事」を意味する語。物理学的には「仕事」は力を加えて物体を移動させた時の力と距離の積で、エルゴンはこの時に移動したエネルギーの単位(Erg)として使われることがある。この場合は「自然からエネルギーを得る」という風水のニュアンスをエルゴンという言葉で表しているのだろう。

locusは「場所、位置、(染色体内の)遺伝子座」などの意味があり、この場合は「場所」を表す。

噛み砕いて言えば、エルゴン・ローカスはいわゆる「エネルギースポット」(パワースポットとも)をFFXI風に言い換えた言葉と言うこともできるだろう。ヴァナ・ディールにおいてもこの場所の呼び方は土地や国によって様々で、パワースポットと呼ばれる地方もあるらしい。

関連項目

風水士】【エルゴン・ティンクチャ】【Geomantic Reservoir
*1
風水用語では力を持った特別な土地(龍穴)を探し出すこと。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。