Spinescent Protuberance(すぱいんせんと・ぷろちゅばらんす)
ヴェルク族の生息地付近に出現するタケノコのような植物「スパインセント・プロチュバランス」。
一応NM扱いで、プラントイド類の特性を持つ。

名前は「トゲのある隆起物」の意味。クエスト這い寄るトゲトゲ」によると、これはヴェルク族が罠として植えているものらしい。もっとも、ヴェルク族自身も引っかかることがあるようだが…。

Spinescent Protuberance

出現条件

ドーの門マリアミ渓谷ウォーの門の定位置に時間ポップする。

特徴

近くにいると根っこのようなものを周囲に一瞬出現させ、アムネジア状態にする。*1ただし効果時間は5秒程度と短く、この時にインスニも切れない。

サバイバルスキルレストレイン・リジリアンス」を所持していると、高確率でこのアムネジアレジストできるようになる。

移動も反撃もしないものの、非常にHPが多くて倒すのに時間がかかる。スキル上昇判定はあるようだが、どこまで上がるのかは要確認。

PCの存在に関係なく定期的に何かを吹きだしている他の障害物と異なり、こちらはPC感知して敵対行動をとるというルーチンになっているため、召喚獣を出していると召喚獣自動反撃を行う。また、/assistを使うとこちらをターゲットしていることが分かる。

特性としては見破り聴覚感知で、かつては感知圏内にPCが近づくと向きが変わり、感知されたことが分かるようになっていたが、いつの間にか感知しても向きが変わらないようになっている。

戦利品

特になし。開拓者を妨害する障害物としての役割を持っているのだろう。

関連項目

Pungent Fungus】【Numbing Blossom】【Steam Spout】【Erupting Geyser】【Graupel Formation
レストレイン・リジリアンス】【這い寄るトゲトゲ
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
IL119でアムネジアにならない場合は、装備を外してLv99にするとアムネジアになりやすくなるので、どうしてもアムネジアにならない場合は参考まで。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。