Pantagruel(ぱんたぐりゅえる)
アビセア-ラテーヌに出現する巨人族NM
2010年6月22日のバージョンアップで追加された。

Pantagruel

出現条件

アビセア-ラテーヌ(F-7裂け目西側)の???に「大型靴下」をトレードするとポップする。
???の周辺にも雑魚巨人が徘徊しているので掃除ポップ後の移動が推奨される。

特徴

モンクタイプ。カウンター持ち。
通常時は氷の咆哮のみ使用し、使用後は一定時間アイススパイク*1(ディスペル不可)状態になる。氷の咆哮後1分間経過すると、モリバンドハック(空蝉貫通瀕死ダメージ麻痺)を使用して通常モードに戻る。
この技は物理扱いのため回避ブーストした忍者シーフ踊り子などは回避できる可能性があるが、パラナ大ケアルが可能なヒーラーがいない場合、戦闘不能の危険が高い。
 踊り子V.フラリッシュスタンなどで氷の咆哮自体を阻止すれば、モリバンドハックも使用しないため、安全性が高まる。また、氷の咆哮を使用されてしまっても、マラソン(移動速度UP装備が望ましいが無くても可)を行えば、モリバンドハック射程範囲内から逃れることができるため、回避能力・自己回復のできるジョブでならソロでの討伐も安全に行える。
また、モリバンドハックそのものもスタンで止めることができるので、落ち着いていれば危険は2段階で対処できるチャンスがある。

戦利品

アルクティエトルク龍の肉
また、トリガートレードした人はだいじなもの潰れたギガースの腕輪」が得られる場合がある。

出典

ルネサンス期の作家ラブレーの代表作「ガルガンチュアパンタグリュエル物語」が元ネタである。

2人の巨人ガルガンチュアとパンタグリュエル親子の波乱万丈の(アホらしい)生涯を通じ、当時のヨーロッパ社会を鋭く風刺した傑作で、エラスムスの「痴愚神礼賛」と並び賞される。親のGargantuaに比べると、息子のPantagruelファンタジー作品に登場するのは稀。なお、Gargantuaボスディン氷河ゴーレム族NMとして出現する。

関連項目

巨人族】【アビセア】【Briareus
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
後半(or時間経過?)は反撃によるダメージが130前後まで達する為、手数の多い忍者などは一瞬でHPが真っ赤になる事もある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。