ピラルク(ぴらるく/Pirarucu)
水産物の一種。スタック不可の大型魚に属する。
グロウベルグの河川に生息していた巨大淡水魚。

アルタナの神兵実装された魚で、グロウベルグ〔S〕アビセア-グロウベルグ(G-6)の川辺等に生息する。
餌は肉ダンゴミノーなど。
エサ・竿揺れ・体力は滝壺に生息するガビアルフィッシュに似るが、揺れが遅いので違いはすぐに分かる。

ガビアルフィッシュとタカをくくって釣り上げると高い確率で太公望の釣竿を折ったり、糸が切れる。木工スキルもしくは恵比寿釣竿がないと、ほんの数分で帰らざるを得なくなる。
削り易くヒット数もガビアルフィッシュ並みであることを逆手に取ると、太公望の釣竿や他の強度のある竿を折って他合成スキル上げクエスト消化等にはうってつけである。

ファイナルファンタジーXI ギルド・マスターズガイド Ver.101207 (ゲーマガBOOKS)によると上限81とあり、実際この魚はスキル100でHPスリップダメージが発生する。このランク水産物でありながら太公望の釣竿をへし折るというのも珍しい。

また、ハラキリによって516ギルと、たまにペイストの皮鎧竜の角飛竜の皮などを手に入れることができる。川に落ちたこれらのモンスターを食らっているのだろうか…。

魚のデータ

スキル上限は81。

振動:大型
体力:大
竿の揺れ:緩
インターバル:短

参考データ最小最大
Im(イルム)約130約270
Pz(ポンズ)約650約1300
Im+Pz約780約1570

モデル魚

ピラルク(学名:Arapaima gigas)
南米アマゾン川流域に分布するアロワナ科の古代魚。
世界最大級の淡水魚、成魚は3メートルに達する。過去には4~5メートルの個体も存在したとされている。
近年では乱獲によりその生息数は激減し、大型の個体も少なくなっている。現在は絶滅の恐れがあるためワシントン条約の保護動物となっている。
肺に似た器官を有しており、エラ呼吸と合わせて肺呼吸も行う。その名前は現地語で「赤い魚」の意、成熟した個体は身体の後ろ半分の鱗が赤く染まる。

ちなみに最近ではペットショップでも1万円前後で稚魚を見かけることがあるが、非常にデリケートで巨大に成長するため、専用設備なしには飼育はほぼ不可能である。

関連項目

太公望の釣竿】【ガビアルフィッシュ】【ハラキリ

外部リンク

→Wikipedia:ピラルク
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。