ググリューサウルス(ぐぐりゅーさうるす/Gugrusaurus)
水産物の一つ。スタックできない大型魚に属する。
伝説の長大な海生ハ虫類。

推定スキル上限は120以上。
機船航路(セルビナ-マウラ間)の海賊出現時・マナクリッパープルゴノルゴ島連絡航路・外洋航路(マウラ-アルザビ間)に生息する。
2005年4月21日のバージョンアップ恵比寿釣竿と同時に実装された伝説魚(伝説のハ虫類)。通称「サウルス」。
ハラキリによって恵比寿釣竿の入手に必要な「剣の枝」を得られることがあるが、その確率は非常に低い。
なお、後述の通り釣る為にはだいじなものサーペントの伝説」が必要だが、これを持っていなくてもハラキリは可能。

モグガーデン実装後は漂着物として流れてくることもあるようになった。

売却標準価格は1,760ギル

釣り





  • 格闘難易度
    高いHPを持ち、さらにインターバルがやや長いため、補正込みの釣りスキルが113以下だと強力なリジェネに阻まれて削りきれず逃げられる事もしばしば。
    また、削りきっても(真)太公望の釣竿ではバラし、糸切れ、竿折れで50%も釣り上げることができない。


円滑に釣り集めるには、高い釣りスキルアクション釣りテクニック、そして運が必要と言える。

ググリューサウルスを集めるプレイヤーの多くは恵比寿釣竿を夢見ているであろうが、すでに真太公望の釣竿カチナグローブを所持していれば、泳がせ釣りがなくても比較的釣りやすいだろう。もちろん道具をそろえれば誰でも削りきれるというわけではなく、削りきれなかった時の精神的ダメージは蓄積していくので、各個人が8割以上削りきれる方法をチョイスすべきである。

魚のデータ

振動:大型
体力:大
竿の揺れ:激
インターバル:中

参考データ最小最大
Im(イルム)約155約420
Pz(ポンズ)約685約2180
Im+Pz約840約2600

変遷

2005年4月21日のバージョンアップ恵比寿釣竿と同時に実装された。

かつては、レバー入力1回当たりのHP削り能力がPS2PCで極端に異なるという、いわゆるクライアント依存問題が顕著だった時期があり、難易度が比較的高いググリューサウルスでは問題となるケースもあった。サウルス実装後半年経った2005年10月11日のバージョンアップでこの問題に対応するためにリング2種(アルバトロスリングペンギンリング)が追加され、さらに2005年12月13日のバージョンアップ、翌2006年2月21日のバージョンアップクライアント依存問題の調整が行われた。

当初は機船航路(セルビナ-マウラ間)の海賊出現時・マナクリッパープルゴノルゴ島連絡航路にのみ生息していたが、アトルガンの秘宝実装時にマウラ-アルザビ間の外洋航路でも釣れるようになった。

その他

FF14においても水産物のひとつとして登場。船に体当たりを繰り返しては、海に落ちたララフェル(タルタルに相当する種族)を食べるという生態が明らかになっている。

モデル魚

中生代の海生爬虫類モササウルスがモデルと思われる。
いわゆる「恐竜の時代」末期に登場した種だけあって、そのフォルムには無駄がなく洗練されている。
海生爬虫類全体を通して最も大型だった種族ではないかと推定されているが、化石のような断片的な情報だけでは予想の域を出ない。

関連項目

恵比寿釣竿】【剣の枝】【ドリルカラマリ】【泳がせ釣り】【サーペントの伝説】【伝説魚】【ハラキリ】【クライアント依存

外部リンク

→Wikipedia:モササウルス
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。