アトモス(あともす/Atomos)
  1. 開発者専用のテストサーバーAtomosワールド。一般には開放されていない。
  2. 召喚獣の一つ。
  3. アルタナの神兵のPVに謎の存在として登場したもの。詳細は関連項目を参照のこと。

神獣アトモス

クエスト禁断の再会」をクリアすると報酬としてアトモス召喚を習得できる。クエストと併せて2014年10月7日のバージョンアップ実装された。

召喚士Lv75以上で召喚できる。アストラルフロウ中でなくても使用できる。

召喚するとやや間をおいて専用履行ディコンストラクション」を自動的に使用し、敵に対してディスペルで除去可能な範囲の良性魔法効果を1個得る。その直後に「クロノシフト」を実行してパーティメンバーにその魔法効果を付与する。
一連の動作を行った後、強制的に帰還する。

名称LvMP対象効果時間履行分類属性TP補正
ディコンストラクション75-敵単体--魔法×
敵の強化を1つ吸収し、クロノシフトで味方に分け与える。
クロノシフト75-パーティ--魔法×
ディコンストラクション吸収した強化を、味方PTに分け与える。

不具合について

実装段階ではアトモス状態異常などの効果が付与されていると、パーティメンバーにもその効果が付与されてしまう不具合が発生していたが、2014年11月10日のバージョンアップで修正された。

ファイナルファンタジーシリーズにおけるアトモス

初出はFINAL FANTASY Vの第二世界、バリアの塔のボスとして登場。
その時点では即死級の威力を持つ単体攻撃魔法コメットを唱え、戦闘不能に陥れたキャラをずるずると吸い込んでいき、最終的には「ワームホール」で戦闘から離脱させてしまう、といういやらしい戦い方をするボスであった。

戦闘不能者が出ていればコメットを使わなくなる為、正攻法で倒すには「一人戦闘不能にしたまま戦う」と言う逆転の発想が必要。こうしたコロンブスの卵的な発想が必要なボスはFFVには多いが、特にアトモスは印象的な戦い方をする為、記憶に残っているプレイヤーも多いのではないだろうか。

後に、FINAL FANTASY IX召喚獣FINAL FANTASY XIIのモブ(おたずねもの)モンスターとして登場。
XIIでは単なるモンスターだったが、V・IXに登場したもののように時間や空間に関連するモンスターと言う印象が非常に強いようである。FF11においても(特にキーワードに「時」が起用されていることからも)その様な位置付けを推測させる。

関連項目

アトモス/ネタバレ】【禁断の口】【禁断の再会
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。