Garazu-Horeizu(がらずほれいず)
歴史上の人物でウィンダス連邦魔道士ガラズホレイズ」。「渦の魔道士」と呼ばれた。

メダダ呪いをかけ呪文を封じたり、天晶暦534年ヤグード現人神を強力な催眠魔法で操りヤグード教団を動かして聖都ウィンダスに攻め込んだりと(第四次ヤグード戦役)、国家転覆を狙って色々と暗躍したようである。結局このヤグード戦役クレブオグレブメダダ兄妹によって失敗している。
【第四次ヤグード戦役
国家転覆を狙う「渦の魔道士ガラズホレイズ」は、現人神を強力な催眠魔法で操って、ヤグード教団軍を動かすことに成功。連邦軍主力を遠地に誘き出した後、密かに聖都に近づいて魔法防壁を破り、教団軍を聖都内に侵入させた。まだ学生だった「闇夜の魔戦士クレブオグレブ」と「沈黙魔道士メダダ」の兄妹は、贋の現人神を映し出すことで、ヤグード兵を混乱させてガラズの術を破り、見事教団軍を撃退した。

ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 Life in Vana'diel P146より

なお、子孫の一人にウィンダス水の区に居を構えているホノイゴモイがいる。

召喚士AFクエストでは、手の院の禁術*1が施されたガラズホレイズ魔法人形天の塔に保管されていて、手順を踏めば復活できることが明かされており、復活を意図する人物が暗躍する様子が描かれている。

また、ウィンダスミッション7-1「第6の院」で読める書物には「渦の魔道士は、満月の泉に息づく大いなる獣を解き放とうとしていた」という記述がある。

イメージとしてはカラハバルハを極悪にしたような感じで、ガラズホレイズが体現しようとしていた魔法形態は、一般的に使われている魔法とは逸脱したものになる予定だったらしく、「渦」というのはDNAの二重らせん構造からとったらしい*2

Garazu-Horeizuのif

第26回もぎたて ヴァナ・ディールによると、実際にガラズホレイズが復活する計画もあったようだが、まともに入れるとかなりのボリュームのストーリー構成になってしまうことから、実装を見送って召喚AFクエストで一部設定を出すにとどまっていた。

渦の魔道士は何かを呼び出そうとしていたようで、かつては渦の魔道士の復活を止めたことでその「もっとまずいやつ」が復活してしまい、その復活したものの討伐を目指すというバトルコンテンツが検討されていた。

なお、この紹介におけるガラズホレイズのシルエットは院長と同じ帽子を被ったタルタルだった*3。意図的に院長と同じ服装をしていたのかも知れないし、もしかしたら院長あるいはそれに近い地位にあったのかも知れないが、詳細については触れられていない。

関連項目

Medada】【Honoi-Gomoi】【Uran-Mafran】【クレブオグレブ
*1
当時は手の院は存在しなかったため、異なる名前で呼ばれていたと思われる。
*2
→スレッド: 第26回 もぎたてヴァナ・ディール公式フォーラム
*3
参考:→渦の魔道士に関連する人物たち(放送内で使われた資料)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。