Bakunawa(ばくなわ)
海蛇の岩窟に出現する頭足族NM。「バクナワ」。
2015年6月25日のバージョンアップで追加された。

ウォンテッド」に関連するNM群の一体。
頭足族NMCharybdis」の上位NM

出現条件

条件を満たした上で海蛇の岩窟MAP[4](J-8)(I-10)(D-9)にある「Ethereal Junction」を調べることにより出現する。

詳細は【ウォンテッド】を参照のこと。

MAP[4]はいわゆる金貨扉奥のマップユニティポイントワープMAP[4](L-5)テンキー5(のすぐ向こう側)に出るので、ユニポを使えば獣人金貨は必要ない。距離的にもそれ以外の移動手段に対してかなりアドバンテージがあるため、ユニポで飛ぶことを強く推奨する。

ポイントはから近い順に(J-8)テンキー9、(I-10)テンキー5、(D-9)テンキー5。このマップは一方通行の段差も多く、誤って一方通行の段差を落ちると大きく回り道をすることになるので、奥に行く時には注意。

特徴

コンテンツレベル125に相当するモンスター

出現時に必ずメイルシュトロムを使い、直後に頭足族NM「Kanavid」が2体出現する。

Kanavid共々、下位NMCharybdisと同じように攻撃回数が多い。回避魔法回避がやや高め。

HPが一定値減るとマイティストライクと共に回避能力ダウンスフィアが発動する。何らかの条件を満たすと!!が表示され、一定時間テラー状態になると同時に回避能力ダウンスフィアも解除される。

スロウ麻痺は有効。
3匹ともエントゥームなどで石化させることが可能なので、後はボスだけやってもよし、お供を順番に倒しても良いが、Bakunawa特殊技を発動するとお供も再召喚されるので、そこを留意した上で戦術を組むようにしたい。回避能力ダウン状態異常にかかったとしても、ある程度の敵対心カット装備を備えているナイト魔導剣士であれば専属回復役白魔道士他を付けておけば深刻な事態に陥る事はまずない。雷属性の通りが良好なので、学者+黒魔道士数名による震天動地の章からのサンダーMBで手堅く攻めるのが確実だろう。獣使いペットによる衝撃連携も有効ではあるが、マスター範囲攻撃に巻き込まれる事態を前提で戦略に組み込むと良い。

戦利品

エミネンス・レコード特別報酬としてバクナワの箱を入手する。

出典

バクナワ(Bakunawa)はフィリピンのセブ島に伝わる神*1。大きな口がある巨大な海竜の姿で伝えられる冥界の神であり、月食の原因であるとしばしば考えられた。

フィリピンのサマール島にはCan-avidという地名があり、Kanavidとの関連がある可能性がある。

関連項目

ウォンテッド】【ユニティ(目標)】【バクナワの箱】【Charybdis
*1
→バクナワ(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。