Ayapec(あやぺく)
ボヤーダ樹に出現するクラブ族NM。「アヤペク」。
2015年3月26日のバージョンアップで追加された。

ウォンテッド」に関連するNM群の一体。
クラブ族NMAquarius」の上位NM

Ayapec

出現条件

条件を満たした上でボヤーダ樹MAP[1](D-6)MAP[2](I-10)MAP[3](F-6)にある「Ethereal Junction」を調べることにより出現する。

雷鳴の回廊前のHome Point #1からMAP[2](I-10)テンキー1が近くて非常に行きやすい。入口やGeomagnetic Fountから移動するならMAP[1](D-6)テンキー8が近いが、入口からもHome Pointからもやや歩くので、次点で選ぶならMAP[3](F-6)テンキー9の方が行きやすいだろう。

詳細は【ウォンテッド】を参照のこと。

特徴

コンテンツレベル125に相当するモンスター

シザーガードメタルボディをセットで使用する。技のセットは出現した直後にも使用する。
バブルシャワーが強力でバウォタシェルVありでも700程くらうことあり。
アスピルが非常に有効。(黒魔道士MP200~300程度は吸える。)
サンダー系の魔法を当てると1度だけ弱点となりテラーになる。(10秒程度)

メタルボディストンスキンが通常個体のそれとは異なり、かなりのダメージを軽減するため、ディスペル等で消すか、魔法なりWSを即座に叩き込まないと延々と0ダメージログが流れ続けるハメになる。ただし魔法には弱いのでサンダー等を数発撃てばすぐに消えてしまう。

メタルボディシザーガードが両方消去された時点でバブルシャワー連発モードが確定するため、安易なディスペルの連発はPT構成によっては常時半壊状態を招くことになる*1
連発モードが終了後はメタルボディシザーガードを瞬時に発動する。
強化2種発動→強化2種消失(ディスペルや時間経過など)→バブルシャワー連発モード→強化2種発動…のループになると考えてもらって差し支え無い。
またHPが3割程に落ち込むと、バブルカーテンもセットで使うことになる。必ずバブルカーテンから使用するので、連発モードが終わったらすぐにディスペルの準備をしておくことでバブルカーテンのみを狙い撃ちで解除可能。

カニということでかなり物理防御力が高く、物理アタッカーメインの場合はかなり攻撃力ブーストしないとマトモなダメージが出ないので注意。
逆に魔法アタッカーメインの場合は若干楽に戦える。連携要員とともに出撃して上手くマジックバーストを絡めればものの数分で撃破することも可能。ある程度の装備が整っている学者黒魔道士数名でほぼ瞬殺も可能である。

フェイス込みで、黒魔道士学者といった精霊アタッカーではソロも容易な部類。
アムチュチュ+白魔+セルテウスイロハII+ブリジッドといった編成でひたすらスリップMP効率のいい精霊魔法を当てつつ、マジックバーストを狙うのみである。ディスペルをするとかえってややこしくなるので、シェルを張られても無視してしまう方が良いかもしれない。

逆に魔法防御をしっかり上げられなかったり、魔法攻撃が出来ない編成だと苦戦は間違いない。

戦利品

エミネンス・レコード特別報酬としてアヤペクの箱を入手する。

名称について

Ayapec(またはAiapaec)は前インカ文明のひとつ、モチェ文化における主神。*2
水と食料と闘いの勝利をもたらす神として崇拝され、decapitador(デカピタドール=首を切る者)とも呼ばれる。

関連項目

ウォンテッド】【ユニティ(目標)】【アヤペクの箱】【Aquarius
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
コルモルと言ったとりあえずかかっている強化は瞬時にディスペルを飛ばすルーチンのフェイスなどは特に危険。MPの枯渇にも繋がる。
*2
→アイ・アパエック(Wikipedia)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。