ふりしぼれ(ふりしぼれ/Run Wild)
獣使いペットコマンドの一つ。Lv93で習得する。
2011年9月20日のバージョンアップで追加された。
呼び出したペット強化する。ただし、効果解除されるとペットはいなくなる。

呼び出したペットにのみ使用可能。効果時間5分、再使用時間15分。効果時間終了時にペットは消滅する。
ジョブポイントで1段階毎に2秒、最大40秒の延長が可能。

5分後の消滅以外にデメリットは無いため、使役時間やBF制限時間が残り5分を切ったなら使ってしまって損は無い。汁代を気にしないのであればリキャスト毎に発動することで全呼び出し時間のうちの約1/3を「ふりしぼれ」状態で運用できる。

英語名称は「野生的になれ」といった意味合いになっており、他の獣使いアビリティ同様、日本語とニュアンスの異なる名称になっている。

TODO:ペットディスペル吸収技を食らった場合のふりしぼれ効果の処理は?

効果

公式フォーラムの情報*1ユーザー検証から以下の効果が確認されている。


魔法防御力が標準値100であれば被魔法ダメージにも変化がない事から、STRINTなどの基本ステータス面の強化は無い模様。

IL119ではペット命中攻撃力は1000を越える場合もあるため、それらの上昇値は200以上にもなる*4

ヘイストなどの手数上昇効果は無い模様。

歴史

2015年9月16日のバージョンアップ射程が短くなり、かなりペットに近づかなければ実行できなくなった。

関連項目

よびだす】【】【汁ペット
*1
→スレッド: ジョブ調整コンセプト 獣使い公式フォーラム
*2
ペットの種類毎に設定された魔攻+の値が1.25倍されていると思われる。迎撃のパトリックであれば魔攻(100+34)が(100+42)となり、約6%のダメージアップとなる。低レベルのペット魔攻アップは無い模様。
*3
ジェラルド(魔防+40)であれば魔防が140から150になり被魔法ダメージが減るが、ルルシュ(魔防+0)であれば変化がなく、ホブス(魔防-20)であれば魔防が80から75となり逆に被魔法ダメージは増えてしまう。アートマによる魔防も影響するため、魔防の低いペットにはアートマ魔防を補う事で被ダメの増加を防ぐ事が出来、元より高いペットは更に補強することもできる。
*4
食事ファントムロール等、強化後の数値の約20%アップ。神符強化がある星唄エリアでの「黒ひげランディ」に至っては攻撃力約2500→3000と約500もの攻撃力上昇も可能になる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。