リーズナブルな旅!(りーずなぶるなたび!/Thrifty Transit)
ハッピーパワーのひとつ。
Explorer Moogle : 「リーズナブルな旅!
アウトポストへのテレポ
Survival Guideのコストが抑えられた上に、
近隣都市間の格安テレポが実現クポ!

元々はアウトポスト間のテレポ・サービス(通称OPテレポ)が無料になるという効果のみだったが、2014年6月17日のバージョンアップにて近隣都市間のテレポロングジャーニー!)を吸収する形で統合された。

また、それと共にSurvival Guideのコストも無料になるようになった。

ハッピーパワーの有効エリア外に設置されているSurvival Guideも無料になるが、「モグタブレットは謎に満ちている」という言葉でごまかされている。…あまりモーグリの作ったものに深くツッコミを入れない方が良いのかもしれない。
Explorer Moogle : え、過去……?
 過去って昔のことクポ?
 そりゃあ効果は及ばないクポ。当たり前クポ?
Explorer Moogle : とはいえ……
 最近A.M.A.N.冒険者互助会)の誰かが記した
 Survival Guideには「リーズナブルな旅!」の
 パワーが通うらしいクポ。
Explorer Moogle : 謎クポ……。
 モグタブレットは謎に満ちているクポ……!

近隣都市間のテレポ

かつてはハッピーパワーロングジャーニー!」として行われていたサービス。統合の経緯については【クリスタルフィーバー!】項を参照。

三国マウラセルビナExplorer Moogleが出現し、それぞれの間を300Gで飛ばしてくれる。Lv20以上が必要。

三国間に関しては無料のSurvival Guideを使う方が安いが、開通の必要があるSurvival Guideと異なり、Explorer Moogleは過去にそのエリアを訪れたことがあるかは問わないという利点がある。Survival Guideのないマウラセルビナに関しては、それに加えてHome Pointワープ(500G)よりもコストが若干安いというメリットがある。

ソロ少人数PTフィールド・オブ・ヴァラーなどでウィンダス隣接エリアLv20まであげた冒険者が、バルクルム砂丘デビューするのに遠い道のりを時間をかけて移動せずとも一瞬でセルビナまで飛べるという、昔に苦労した人から見れば唖然とするほど太っ腹なサービスである*1

また前述のようにレベル制限があるため、「品質管理」や「マンドラゴラの軌跡」を利用した倉庫キャラ三国での名声あげには向かない。このような場合には、1度その町まで赴いてHome Pointを開通させると良いだろう。

Explorer Moogleの位置

三国についてはいずれも「アウトポストテレポNPCのすぐ近く」と覚えておくとよい。
エリア位置
北サンドリアL-10モグハウス前。
アウトポストテレポ・サービス担当NPC(Jeanvirgaud)の隣。
バストゥーク鉱山区K-8モグハウス競売の間。
アウトポストテレポ・サービス担当NPC(Conrad)のほぼ正面
ウィンダス港L-4モグハウス前。
アウトポストテレポ・サービス担当NPC(Rottata)の西側。
セルビナH-7出入口前の広場。
マウラH-8出入口前の橋の下。

北サンドリアExplorer Moogleは、2011年7月12日のバージョンアップでJeanvirgaud共々K-9から場所を変更された。

関連項目

ハッピーパワー】【Explorer Moogle】【モグタブレット・クエスト】【テレポ・サービス】【OPテレポ】【Survival Guide
*1
もっとも、さらに多様なエリアLv1からいきなり飛べるユニティ・コンコードテレポ・サービスウォンテッドエリアへ移動」が実装された今となっては、この驚きもかすんでしまうかもしれないが。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。