ベタ(べた/Betta)
水産物(小型)の一つ。12個スタック可。
艶やかな美しさと強い闘争本能を備えた淡水魚。
観賞魚として、あるいは闘魚として飼育される。

闘魚の名に相応しい暴れっぷりで、師範であってもそれなりにてこずる相手である。おそらくマムージャたちもこの魚の気質に惚れこんでいるのだろう、マムークの庭園内に設置されている池に生息する*1

スキル上限は66(印可級)。餌はフライなど。

2006年7月25日のバージョンアップバージョンアップの追加レシピ闘魚鉢」(木工)の合成素材として使われ、一躍冒険者にその名を知られることになった。
しかし、2006年10月19日のバージョンアップからマムークポロッゴが居候するようになり、釣りづらい魚になった。

またアサルトイルルシ掃海作戦」の戦利品として手に入る不確定アイテム???ボックスに入っていることがある。

売却標準価格は400ギル

食事効果

ミスラのみ生食が可能。
名称効果時間食事効果
ベタ5分DEX+3 MND-5

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
アトルガン白門漁師ギルド・H-11Wahnid入荷なし。売却時のみ

モデル魚

闘魚(英:Rumble Fish)、その学名からベタと呼ばれるのが一般的。メコン川周辺の淡水に生息する熱帯魚。

ベタの仲間には数十種が属しており、ここでは学名ベタ・スプレンデンス、その人工改良されたトラディショナルという品種について記す。
ヒレが長く多様な色彩を持っているのが特徴、流れの穏やかな環境を好む。原種のスプレンデンスはヒレが短い。
古くから観賞魚として珍重され、かつその多彩な容姿からコレクション性も高く愛好家も多い。

ラビリンス器官と呼ばれる発達したエラを持ち、水中及び空気中からでも酸素を摂取出来る。その能力から低酸素状態の水でも生息が可能。

オスは特に縄張り意識が強く、オス同士の闘いは激しく、時に死に至ることもある。そのため一匹ずつ隔離して飼育される。
相手を威嚇する際、ヒレを大きく広げフレアリングという姿勢を取る。この姿はたいへん美しく、鏡などを用い意図的にヒレを広げさせることもある。

上記の特徴から小瓶などで売られているケースが多いが、その環境で長期飼育するのは容易ではないので心得ておきたい。
なお好奇心旺盛で人に懐きやすく飼育に向いている。寿命は1~2年と短い。

ベタ画像

関連項目

闘魚鉢
*1
実際、マムージャが前線の兵士に送る慰問物資には闘魚鉢が含まれており、マムージャも観賞魚として愛好していることがうかがえる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。