タイガーコッド(たいがーこっど/Tiger Cod)
水産物(小型魚)の一つ。12尾スタック可能。
指定生産品ポイントは156で、上限6960。45尾。
シュ・メーヨ海を中心に分布する海水魚。

スキル上限は29(徒弟級)。餌は、ゴカイイワシダンゴシュリンプルアーなど。
テキストにあるように北洋に分布し、ジュノ港ジュノ下層バタリア丘陵ソロムグ原野ボスディン氷河クフィム島バタリア丘陵〔S〕ボスディン氷河〔S〕に生息する。

いくつかの食品合成素材に利用されるが、大型魚用の餌であるタラ切り身に加工されることが最も多いと思われる。

ランクの時はスキル上げの対象として、高ランクになってからは釣り餌として、長くこの魚のお世話になる。

常時販売している店はなく、ノストーヘリング生息域・餌がほぼ共通しているため、数を集めるのはやや骨が折れるが、ソロムグ原野イワシダンゴを使うことで狙い撃ちが可能。

食事効果

ミスラのみ生食することが可能。
名称効果時間食事効果
タイガーコッド5分DEX+2 MND-4

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
ウィンダス水の区調理ギルド・北E-8Kopopo入荷なし。売却時のみ
ウィンダス港漁師ギルド・C-8Babubu入荷なし。売却時のみ
セルビナ漁師ギルド・H-9Mendoline入荷なし。売却時のみ
アトルガン白門漁師ギルド・H-11Wahnid入荷なし。売却時のみ
機船航路漁師ギルド(船内)Lokhong入荷なし。売却時のみ
外洋航路漁師ギルド(船内)Pashi Macceleh入荷なし。売却時のみ
銀海航路漁師ギルド(船内)Jidwahn入荷なし。売却時のみ

売却標準価格は52ギル

モデル魚

名前にコッドと冠されていることから、真鱈がモデルと思われる。

背中の縞模様がハッキリしているものほど鮮度がよく、冬場の旬の味わいとして人気がある。アンコウなどと同じく深海に住む魚なので身が柔らかく崩れやすい。また、ぬめりを持つ上鱗が細かい魚なので鱗付きのまま下ろし、鱗ごと皮を引いてから残った鱗を洗い流す捌き方もある。

日本では干し鱈(棒鱈と呼んだ)としてニシンと共に北方からの保存が利く交易品として、江戸時代には江戸や大坂と津軽や蝦夷を結ぶ大々的な交易が行われていたがこれは北欧と地中海沿岸でも同じで、ストッカフィッソ(干し鱈)やバカラウ(塩蔵鱈)という名前でノルウェーやアイスランド・イギリスからスペイン・ポルトガルといったネーデルラントや南フランス・イタリア半島にも輸入されていて、今日でもそれを使ったレシピが多く残り、食されている。
この需要は主に肉を食べない金曜日のメニューとしてキリスト教圏では(今なお)重宝されていたためで、近世前ではタラ戦争と呼ばれる諍いが勃発するほど人類にとってはなじみ深い魚と言える。

関連項目

フィッシュ&チップ】【雑煮】【レーテーコンソメ】【白身魚のシチュー】【醤油ラーメン】【ちくわ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。