イギトゴムレフ(いぎとごむれふ/Yigit Gomlek)
  1. アサルトによって得られる作戦戦績と交換でき、Lv72~ が使用可能なRare/Ex装備一式
  2. イギトゴムレフの胴部位

装備一式としてのイギトゴムレフ

皇国軍の東部方面の精鋭部隊「魔滅隊」の装束。着用者の負担にならないよう、マナを身体の各所から少しずつ集め、一点に集約できるよう設計されている。
そのため、全装備を着用すると、底なしの魔力を得ることができると云われている。

→公式サイト「アトルガンの秘宝~装備品」より

イギトゴムレフ

性能

装備部位性能作戦戦績場所
イギトターバン21MND+4魔攻+2
敵対心-5
ヒーリングMP+1
コンビネーション:リフレシュ
イルルシ環礁
イギトゴムレフ44回避+7魔攻+5
歌の詠唱時間-10%
ヒーリングMP+5
コンビネーション:リフレシュ
ペリキア
イギトゲージ両手17INT+5 MND+5
回避+4
魔攻+2
コンビネーション:リフレシュ
マムージャ兵訓練所
イギトサラウィル両脚30HP+25 MP+25
回避+6
ヒーリングMP+2
コンビネーション:リフレシュ
ルジャワン霊窟
イギトクラッコー両足11INT+3 MND+3
回避+5
魔攻+2
コンビネーション:リフレシュ
レベロス風穴
総合性能119HP+25 MP+25
INT+8 MND+12
回避+22
魔攻+11 敵対心-5
歌の詠唱時間-10% ヒーリングMP+8
コンビネーション:リフレシュ

全部を揃えるには、作戦戦績2万点×5箇所で総額10万点と、かなりの時間と手間が必要となる。
モグの預り帳【01】に預けることができる。

ジョブに有用な部位に絞って装備することも多かったようだ。
汎用的な装備ということでプロパティもバランスよく盛り込まれている。特にヒーリング時の効果が高い。
パーツごとにヒーリングMP補強効果もついている。全部位を揃えた時、装備ヒーリングMP+8となる。さらに、コンビネーションリフレシュが付加されるが、これはヒーリング時のヒーリングMP+3.3に相当する。

意味

イギト(yigit、正確にはgの上にvがつく)はアラビア語で「勇敢な若人」を意味する。

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ファッション2007によると、FFXIにおけるイギトは「勇士」の意味を持つ。また、魔法攻撃に特化した性能は、圧倒的な魔法による強襲作戦を得意とする魔滅隊の性格を反映したものらしい。

胴装備としてのイギトゴムレフ

Rare Ex
40 回避+7 魔攻+5
歌の詠唱時間-10% ヒーリングMP+5
コンビネーション:リフレシュ
Lv72~

アサルトにおいてペリキアで行われる作戦をこなすことで蓄積される作戦戦績20,000点と交換することで手に入れることができる。

イギラウエスキット(魔攻)、シャイルマンティル()、エラントウプランド(hMP)。これらの装備のセールスポイントが一堂に会したのはいいが、そのどれもがオリジナルと同等もしくはそれに劣る。
しかも、それらが全て「同時に」必要となる局面が皆無であるため、オリジナルを持っているのであれば新たにこれを用意する必要がない…という、いささか中途半端な代物。

が、この装備の最大の利点は、イギラシャイルのような「ジョブ限定装備」の特性を他のジョブが享受できるという点にある。
例えば「精霊魔法攻撃する赤魔道士」にとっては、威力に着目した場合、これは胴装備での選択肢の1つ*1となる*2
他にも、マイナーでは有るが、赤/サポ詩デュエルタバードエボンタラーを持っていない場合にも、歌の詠唱時間を短縮できる胴装備となる。

この装備実装された時期は、シャイルマンティルはまだまだ高額装備の上位に位置する、一般人にはおいそれと手にできない貴重品であった。その性能が例えマイナーダウンとはいえアサルト戦績報酬という「努力すれば手にできる」アイテムに付いていることは、シャイルを諦めていた吟遊詩人には救いに映ったことだろう。

関連項目

アサルト】【ペリキア】【コンビネーション】【ペルワンチェーンメイル】【アミールプレートアーマー
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
あくまで威力重視の場合。命中重視の場合はエラントウプランドINT+10が候補に挙がる。
*2
現在では威力と命中を同時に上昇させる事のできるモリガンローブが存在するが、入手難度は高い。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。