Lutete(るてて)
白羊戦闘魔導師団団長としてカンパニエバトルに登場するタルタルの女性。フェイスタイプは2B。ウィンダス水の区〔S〕ガルレージュ要塞〔S〕に参戦する。
魔戦士〔Ariesian Caster〕を主力とする、白羊(エアリーズ)戦闘魔導団の師団長。連邦の英雄メダダの末裔。不可思議な3つの光球を操る、独特の幻術の使い手である。術で精神を消耗するため、非番の時はいつも居眠りしているが、その時に見る啓示めいた夢が的中すると評判で、人生相談を頼む者が後を絶たない。ただし、倒した敵の家族の心中を慮り戦場で落涙するなど、感情過多な面が見られ、将としての適正を疑問視する向きもある。

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アルタナの神兵編より。

普段はウィンダス水の区〔S〕(L-10)に佇んでいるが、カンパニエバトルに出撃すると現地へ赴くために姿を消す。

コサージュホーリーブレスト装備。Luminous Coalescenceと言うLight Elementalを3体召喚し、ケアルガIV・プロテアIV・シェルラIVを使う事から召喚士白魔道士ハイブリッドと推定される。しかしながら黒魔道士狩人タイプと同じく、HPが一定以上減らない限り自ら敵に近付く事は無い。
かつてはLuminous Coalescenceそれぞれがホーリーリキャスト0で連射しまくり、自身はケアルガIVで部隊ごと回復するその勇姿から、PCの間では「ルテテ様」と様付きで呼ぶ者もいたとか。また畏敬の念を込めて「連邦の白い悪魔」と呼ぶ者もいたらしい。

しかし、2008年3月11日のバージョンアップにて、Luminous Coalescenceのホーリーの威力減少、それだけでなくリキャストが20秒になり、さらに彼女自身もHPが減らないと敵に近付かないよう修正され、かつての強さはまったく見る影も無くなってしまった。また彼女自身の攻撃力、特に片手棍WSの威力も弱体化されている。彼女のケアルガIVによるヘイトが、リキャスト20秒のホーリーではLuminous Coalescenceへタゲが動く事は難しく、彼女が袋叩きに合うのがほとんどであり、以前のようなLuminous Coalescenceがターゲットを取った所を彼女が攻撃しつつ回復と言う構図が成立しない。
さらに、2009年4月9日のバージョンアップにてさらにホーリーの威力が減少され、ダメージPCのものとほぼ同値になった。加えて、本来魔法命中率が高いホーリーであるにもかかわらず、かなりの魔法命中率減少がなされたのか、ほとんどが1-2ケタというダメージしか通らない散々な修正結果になってしまった。彼女の部隊は召喚士編成され、部下はペットを使役せず殴るだけなので防御力攻撃力ともに頼りない。ここまで下方修正されたNPCも珍しいだろう。

こうして一騎当千の猛将はダメダメな隊長に天から地へと落とされてしまったわけだが、今度はそんな彼女を「守ってあげたい」というプレイヤー達がルテテ「様」の下へとはせ参じるようになったとか。
レベルキャップが開放された昨今では、PCジョブ次第では隊長NPCに引けを取らない働きをできるようになったこともあり、かつては守られていた冒険者達が、彼女を守る側になるというのもなかなかロマンティックな話ではないだろうか。

なおLuminous Coalescenceは倒されても一定時間後に再召喚される。ただし、3体まとめての同時召喚のため、Luminous Coalescence3体全てが倒されないと再召喚はされない。

イベントシーン限定ではあるが、独自のあくびモーションを持つ。

Lutete あくびモーション

ルテテ閣下は
白羊戦闘魔導師団を率いておられる御方。
メダダ様の御子孫らしく、偵察の強化による
正確な戦況の把握に努力されておられるのであ~る。

カンパニエ待機中の台詞。
ふあぁぁぁ……
近東伝来の幻術は、とっても疲れるのです……
にゃにゃ……。

カンパニエバトル中、「Luminous Coalescence」召喚時の台詞。
……ふぁぁぁ
……出でよ……聖なる光よ……

関連項目

カンパニエバトル】【Medada
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。