柔術着(じゅうじゅつぎ/Jujitsu Gi)
胴装備の一つ。
27 命中+4
Lv40~

柔術着
ダボイオークNMPoisonhand Gnadgad」のレアドロップ品。

胴装備中、最も低レベル命中を上げられる逸品*1にして、Lv40制限で使えるという優れもの。
これを越える命中ブースト忍者Lv55の「ジャリダペティ」まで存在せず*2モンクに至っては「スコピオハーネス」まで存在しないということになる。

Lv40制限で使えるということもあり、プロマシアの呪縛リリース後に高レベルプレイヤーが買い戻すという動きがあり一気に需要が上昇。
一時期は一部のプレイヤーしか買えないであろう高額装備と成り果てた。
そのあまりの破格から業者金策の格好の的になることも多々あったという。
2008年1月現在ではそれらの動きも収束し、それなりのお手ごろ価格に落ち着いている。

なお打ちなおすことで達人着に仕立てることもできるが、Lv40制限で使えなくなる上、肝心の命中上昇量は変わらないため好んで打ちなおす人は少ない模様。
値段の浮き沈みが激しい所といい、打ちなおされにくい事といい、なんとなくスピードベルトと境遇が似ている*3

同じグラフィック装備として「陰陽師浄衣」があり、意外にも目にする機会の多い装備である。

敵を投げ倒したり、当て身を加えたりと、無手技を基本とした東方伝来の武術「柔術」を練習する際、着用される着物。動きやすく作られており、敵を捉えやすい。
ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~P99より

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
バストゥーク港天晶堂バストゥーク支店・F-6Silver Owl入荷なし。売却時のみ
ノーグ天晶堂ノーグ支店・I-8Achika
ナシュモ天晶堂ナシュモ支店・G-7Tsutsuroon

かつてはジュノ天晶堂のAkamafulaも買取をしていたが、2018.4.4ギルドショップから通常ショップになると共に取り扱わなくなった。

名称について

「柔術」とは日本の伝統的な武術を総合して指す言葉。
その「柔術」の諸流派を、明治時代の才人・嘉納治五郎が統合してひとつの技術体系にしたのが講道館「柔道」であり、ご存知の通りオリンピック競技に選ばれるほどの国際的な武道として定着した。

また「柔術」という言葉はブラジルの「ブラジリアン柔術」の略称としても国際的に広まっている。これは講道館の前田光代がブラジルに渡ったさい広めた技術を「グレイシー柔術」で一斉を風靡したグレイシー一族が学び(なお前田が自らの技術を「柔道」ではなく古の「柔術」と伝えた理由は諸説あり詳細は不明)、ついにはバーリトゥード=殴っても投げても関節を決めてもいい「なんでもあり」ルールで多大な成果を誇り、結果ブラジルのみならず世界の格闘技業界にこの「なんでもあり」ルールにおける「柔術」の強さが知れ渡ったからである。
――よって、本装備の英訳は「Jujitsu Gi」と完全に日本語の呼び方そのままであるが、これも世界的に柔術発の呼び方が格闘技業界で定着しているため。(○○)着を表す「Gi」と言う言葉も格闘技業界では普通であり、例えば掴めるような部分がなく柔道着などを着ていない試合を「No-Gi」と呼んでいる。

関連項目

達人着】【陰陽師浄衣
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
サルベージドロップ日数腹当月数闘着でも可能だが、入手方法・目的等の事から現実的な装備とは言い難い。
*2
コンビネーション特性も視野に入れるならLv45のラムチェーンメイルが存在する。
*3
後年、スピードベルトにはフォスベルトピャエクエベルトといったより上位のヘイスト腰装備素材としての価値が生まれたため、あちらの打ち直しは再び浮上しているが…。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。