呪われたサレコウベ(のろわれたされこうべ/Magicked Skull)
アイテムの一つ。
Rare Ex
何者かに拾われ、魂を呼び戻された頭蓋骨。

店売り不可。同一アカウント内であっても宅配できない。ゴブリンの不思議箱可。

スケルトン族モンスターGhoul」がドロップする。

セルビナ側のサポートジョブ取得クエストある老人の回想」で2番目に要求されるアイテム2015.5.14以降は星唄ミッション縛め解きて」をクリアしていればこのアイテム集めは回避できるようになっている。

また、アトルガン白門への渡航免状を取得するクエストアトルガン皇国へ」で「下級」を選択すると要求される6種のアイテムの1つでもある。メイジャンの試練黒魔道士ジョブ専用首装備強化で必要になる。

2017.9.11以降の15周年エミネンス・レコードには「呪われたサレコウベ戦利品として、指定回数得る」という目標セルビナ派」がある。

入手方法について

バルクルム砂丘などフィールド上のGhoulは、夜間のみゴブリン族との抽選でポップする上にレベルも高めなので、「ある老人の回想」で要求されるアイテムの中では最も取りにくいアイテムといえる。それでも、Ghoulよりも強いBogyを相手にすることになるマウラ側のサポートジョブ取得クエストごうつくばあさん」よりは楽だろう。

グスゲン鉱山など、ダンジョンに棲息するGhoulは常時ポップしているため、レベルが高いか、LS等で高レベルの冒険者に手伝ってもらえるならそちらで取った方が楽。

星唄ミッション実装後はサポートジョブ取得クエストアイテム集めを回避できるようになったため、Lv18になったソロプレイヤーが無理をしてこのアイテムを入手する必要はなくなっている。

歴史

サービス開始後のごく初期には、バルクルム砂丘ブブリム半島Ghoulのみがドロップ対象であったため、ヴァナの夜にはプレイヤー間で熱い争奪戦が巻き起こっていた*1。とりわけ主戦場となったバルクルム砂丘では、Ghoulは周囲のゴブリン族との抽選ポップのため、「ゴブリンと戦わない人はGhoulを狩らないでください」といったシャウトまで飛ぶほどであった。

さすがに問題視されたのか、比較的早期(2002年6月)にそれ以外のグスゲン鉱山シャクラミの地下迷宮ホルトト遺跡に巣食うGhoulも落とすように修正されている。

またサービス開始当初、イベントチームには「とにかく取りにくくしてください」と言われていたらしく、ドロップ率が低めに設定されていたが、そのせいで松野氏から怒られたというエピソードがある*2

IL装備グスゲン鉱山Ghoulを数時間狩り続けても出ない等と言う事もザラであったが、いつの間にやら調整されたのか、2016年現在ではドロップ率はむしろ通常ドロップよりも良いぐらいになっており、素材狩りのつもりがいきなりこれを入手した、といったケースも報告されている。

関連項目

Ghoul】【ある老人の回想】【サポートジョブ取得クエスト】【アトルガン皇国へ
*1
サポ未取得のプレイヤーの中にはその噂を聞きつけ、マウラのサポ取得クエを受け始めた者もいたが、代わりにBogy狩りで苦労することになった。
*2
第35回もぎたて ヴァナ・ディールより
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。