丙子椒林剣(へいししょうりんけん/Heishi Shorinken)
片手刀の一つ。2015年12月10日のバージョンアップ実装された。
Rare Ex
159 227 魔法ダメージ+186
片手刀スキル+269 受け流しスキル+269
魔命スキル+242 ストアTP+10 TPボーナス+500

アフターマス:連携ボーナス+ マジックバースト+
究極連携
Lv99~
               <ItemLevel:119>

店売り不可。同一アカウント内であっても宅配できない。

イオニックウェポンの一つ。入手手順についてはイオニックウェポンの項を参照。
高いD値ストアTP+10と言った良プロパティも去ることながら、現在忍者の主力WSと言えるTP修正攻撃力修正である為、メインウェポン装備時に得られるTPボーナス+500の恩恵が非常に大きい。またアフターマス発動時は連携属性が追加されるのでを連打しているだけで連携が発生するのも強みである。
丙子椒林剣

オーグメント

2018年9月10日のバージョンアップで追加された。
NPCOboro”にて、「黒の残魂」または「闇の残魂」を用いたオーグメント付与による段階的な強化を行うことができる。
Rankオーグメント必要
RP
Total
RP
1メインウェポン:
[1]+1
[2]:ダメージ+1%
[3]命中+1 魔命+1
0*10
15メインウェポン:
[1]+7
[2]:ダメージ+10%
[3]命中+30 魔命+30
59505950

過去作品での登場

FFシリーズではないが、スクウェアより発売されたサガフロンティア2において、最強クラスの剣として登場している。
また、同ゲームのセーブデータがあれば、同じくスクウェアから発売された聖剣伝説-LEGEND OF MANA-で隠しボスを倒した際に、同名の両手剣を入手することができた。

名称について

大阪府大阪市の四天王寺が所蔵する、7世紀作の切刃造りの直刀。聖徳太子が所持していたと伝わっているが真偽は不明、国宝に指定されている。法量は二尺一寸七分(刀身のみの長さ、凡そ66㎝)と、現実の品は片手刀と言うには少々大きいサイズである。
「丙子椒林」の意味は「丙子」が作刀された年の干支、「椒林」が作者のことではないかと考えられている*2。この説を真に受けるならば、616年に作刀されたことになる。

関連項目

イオニックウェポン】【テンプリックスのこれくしょん】【星唄ミッション
Copyright (C) 2002-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
オーグメントを付与するには「黒の残魂」、「闇の残魂」を最低1つ以上トレードする必要あり。
*2
→丙子椒林剣 - Wikipedia
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。