ロウイン(ろういん/Lowing)
  1. バッファローが使用する特殊技の一つ。
  2. 青魔法の一つ。

バッファロー族特殊技

バッファローを中心とした範囲に悪疫の効果を与える。

この悪疫は非常に強力でTPを5/3秒、MPを3/3秒の勢いで減らす。
前衛が喰らえばTPが貯まらなくなり、後衛が喰らえばMPがみるみるうちに減っていく。速攻で治さないとパーティが機能しなくなる上、ウィルナ消費MP(48)の多さもあり、白魔道士サポ白後衛にとっては連発されると嫌な技となっている。
幸い範囲はそれほど広くないので、後衛は距離を取るようにしていれば巻き込まれることがないのが救いである。
またソロや範囲内に他の仲間がいない状況なら、この範囲の狭さを利用して、熟練のプレイヤーでもタイミングは非常にシビアで難しくはあるが一撃避けの要領で不発にすることもできる。
腕に自信のある御人は試してみるのも良いだろう。

それほどレベル上げで狩られる対象ではないが、ENMクエストウルガランの聖牛」の人気が高いため、そこで対戦した時に頭を悩ます事になるだろう。

青魔法

Lv71 BP2 MP66 詠唱時間7秒 再詠唱時間120秒
系統:魔法-弱体 属性: 追加特性:クリアマインド(4)
自身の周囲の敵を強力な病気にし回復できなくする。

ステータスボーナス:HP-5

効果時間は20秒~60秒のランダム。
「強力な病気」とわざわざ書いてあるのだが、実際に発現する効果は特殊技と同じ「悪疫」である。
TPスリップ量は5TP/3secとなっており、32~100のTP減少と言える。MPスリップ量は不明だが、PCと比べてMP量が凄まじく多いモンスター相手に多少のスリップに意味はなくオマケ程度。
できるだけ与TPを抑えたい敵には有効かもしれないが、詠唱時間が長く、効果時間もランダムで長いとはいえない上、アトルガンの秘宝以降に実装されるNMの多くが悪疫耐性を持つ。

利点はBPが2と小さいこと。そのため魔法自体の性能より追加特性クリアマインド目的でセットされることが多い。

由来

Lowingとは、そのまんま牛の鳴き声「モー」の英語である。ちなみに犬の鳴き声「ワン」はBow、猫の「ニャー」はMeowとなる。他国の動物の鳴き声は日本人には馴染みが薄い。

関連項目

バッファロー】【魔法系青魔法】【弱体系青魔法】【悪疫】【デルタスラスト
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。