ウルガランの聖牛(うるがらんのせいぎゅう/Holy Cow)
ENMの一つ。
→2005年02月24日のバージョンアップ実装された。

特徴

熊爪嶽バトルフィールドを舞台とする。
Lv75制限、30分制限。6人推奨。

ウルガラン山脈山頂(F-9)付近から(F-10)めがけて滑り落ち、テーブル状の張り出しから入れる洞窟の奥にある熊爪嶽の、Wind Pillar調べることで突入できる。なお突入には、風越の団扇だいじなもの)が必要。ウルガラン山脈(F-12)にいるNPCガルカZebadaに話しかけて厚手の木綿袋を入手し、(F-8)のChamnaet Spring厚手の木綿袋トレードしてシャムナエの氷を入手する。そのシャムナエの氷Zebadaトレードすると風越の団扇がもらえる。

一度突入すると風越の団扇は消滅する。再度入手するには地球時間で5日間待たなくてはならない。詳しくは【ENM】を参照。

中ではバッファロー族ENM「Apis」が1体待ち構えている。

ギガントマントが出ること、全てのENMクエストの中で貰える経験値が一番多いこともあり、人気が高い。

戦術

Apisはダメージ無効(通常・遠隔魔法無効)・攻撃力アップ防御力アップ魔法は通る)のモードをランダムに繰り返す。Windows版のみモードが切り替わるときのApisの体色によって判断可能。緑なら通常、黄色ならダメージ無効、青なら攻撃力アップ、白なら防御力アップ。なお、開始時はダメージ無効モード。

かつては、ENMクエストバトルフィールドでは戦闘不能による経験値ロストがないのを利用して、黒魔道士一人がリレイズを掛けてゾンビアタックで倒せた。しかし強衰弱中の魔法攻撃力がゼロになる修正と、黄色ネームでApisのHP回復する修正を受け、この戦法はとれなくなった。
修正後でも忍者赤魔道士シーフによるソロ撃破報告がある。

現在の通常パーティの戦法としては、忍者詩人マンボをかけてApisの猛攻をしのぎ、残りのアタッカー魔道士が削る戦法が主流である。

戦利品


名称について

英語名はそのまんま「聖牛」という意味であるが、俗語で「なんてこった!」という意味もあり、ローカライズ・チームの巧まざるユーモアのセンスがうかがわれる。

また、Apisは古代エジプト神話においてプタハ神の化身、あるいは代理とされる聖なる牛のこと。全身に29の特徴があるとされ、この特徴を持つ牛が生まれたときはApisとして崇拝された。

関連項目

ENMクエスト】【熊爪嶽
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。