Mictlantecuhtli(みくとらんてくとり)
アビセア-タロンギに出現するコース族NM
2010年6月22日のバージョンアップで追加された。

Mictlantecuhtli

出現条件

アビセア-タロンギ(F-4)~(G-4)付近に何らかの条件*1で出現する。

特徴

Xolotlと同じく悪魔の頭骨を象ったような杖を持っている。

遠隔攻撃魔法で釣った後その場を離れると、途中でタゲが切れることが多い。そのため安全な場所に誘導するには、オートアタック射程くらいの付かず離れずの距離を保ちながら移動すること。

このモンスターの最大の特徴として、「平常時は物理攻撃吸収魔法詠唱中と特殊技使用中は逆に魔法攻撃吸収」という特徴がある。
そのため物理アタッカー多めの編成だとダメージを与えられる機会が少なく、非常に苦労することになる。
なお、魔法吸収時はレジストされることなく満額吸収されてしまうため、撃つタイミングに気をつけないとHPを献上する結果になってしまう。

コースという種族と、手に入れられるアートマに見合った強烈なドレインを早めの詠唱で使用する。ストンスキン空蝉を切らさずに戦うと楽になるだろう。
また、通常のコース族特殊技に加え、「F.レトリビューション」(自身中心範囲/物理ダメージスタン)を使用する。

幸い命中はあまり高くないため、実装当初から回避特化した赤魔道士青魔道士ならソロで撃破することも可能であった。

戦利品

闇骨のアートマセルペンテスカフス雲海喉輪ミクトランの法衣、他素材

ミクトランの法衣は複数ドロップすることがある。真価の緑色ジェイドを取得する可能性がある。
かつては、入手できるのはファーストタッチを取った人のみだったが、2010年12月7日のバージョンアップからアライアンスメンバー全員が手に入るよう変更された。

出典

Mictlantecuhtli(ミクトランテクトリ、ミクトランテクゥートリとも)はアステカ神話において最下層の冥府『ミクトラン』の王であり死の神。
妻のMictlantecihuatl(ミクトランシワトル)と共に窓のない家に住んで死者の世界を治めている。

関連項目

コース族】【アビセア
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
アビセア実装後しばらくは目撃情報が一切なかったが、数日後に各ワールドで目撃情報が相次いだ。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。